こころの電話

最近の記事

8月15日〜最善のご供養の姿を〜

 私たち僧侶にとって、暑さとの戦いのお盆が過ぎました。
 今年も、初盆を迎えられたたくさんのご家庭にお参りに行きました。

 その中で、Cさん宅に参りましたら、五十歳前後のCさんが、お仏壇を指さして恥ずかしそうに、「お仏壇の掃除をしました。お花も買ってきて飾りました。お菓子や果物も供えました。初盆のちょうちんも飾りました。これで母は喜んでくれるでしょうか。いいご供養になるでしょうか」と、おっしゃいました。

 Cさんのお母さまの初盆で、Cさんと奥さまは、慣れない中にも亡くなったお母さんに精いっぱいのご供養をしようとされているのですが、最善の方法が何かを私に聞かれたのです。

 お仏壇を見ると、きれいな花で飾られ、お供物が供えられ、私からお仏壇のお飾りについて何も言うことはありませんでした。

 そこで私は、「仏さまとなられたお母さんにとって、一番のご供養は、あなたや奥さま、子どもたちがいっしょに手を合わせて、お念仏を申すことですよ」と、一番大切なことを申しました。

 私たちの手は、毎日の生活の中で、ともすると自分の思いで他人を押しのけようとする手です。自分の好むものを手中に入れようとする手です。憤りを感じるとコブシを握ることさえあります。

 私たちの口からは、ともすると愚痴や不平不満、意に添わないことがあると他人の悪口がこぼれ出ます。

 仏となられた方は、あとに残る縁ある者たちの、そのような姿を決して望んではおられませんし、願ってもおられません。

 あとに残る者がいっしょに手を合わせ、報恩感謝の南無阿弥陀仏のお念仏を称える姿こそ、仏となられた方が望まれる最高の姿であり、最善のご供養になることを私はお話ししました。

 その後、私はお勤めに入りましたが、Cさん宅は、お念仏の声が高らかに響いていました。

固定リンク | 2007年08月15日【54】

8月1日〜合掌の姿がなくなる?

 参議院選挙の激しい戦いも、自民党の惨敗という結果に終わりました。

 さて、文部科学省が出している『こころのノート』というものがあります。小学生にあいさつが大事だということを教える教材ですが、その中で、ご飯をいただく際、「いただきます」「ごちそうさま」を言うときに、合掌は仏教徒の作法だから、政教分離に反するので、合掌をしない姿が記されています。

 ご存じの方も多いと思いますが、合掌は、人間が感謝や敬いの思いを身体に表す最高の姿であって、決して仏教徒のものだけではありません。

 現在、インドは仏教国ではありませんが、「ナマステ」と言い、合掌が日常のあいさつです。カトリック教徒のマザー・テレサも生前は合掌してあいさつをし、祈りをささげています。パリのノートルダム寺院には、ジャンヌ・ダルクの合掌する聖像が安置されているそうです。

 このように、合掌は仏教徒のものだけではありませんし、日本人が先祖代々大切にしてきた尊い姿が、一部の誤った論者によっていとも簡単に失われていくことを誠に残念に思います。

 ご門徒で、仏教壮年会のCさんの思い出話です。Cさんと仏教壮年数名は、福岡で開催される仏教壮年の大会に出席するために出掛けました。大会に出席し福岡市内のホテルに宿泊したのですが、夜おなかがすいたため、屋台のラーメンを食べに出向きました。

 そして、出されたラーメンを前にCさんたちは、ごく自然に手を合わせ、「いただきます」と言ってラーメンを食べたところ、その屋台の店主が、「私は、この屋台を引いて何十年もラーメンを作ってきましたが、私の作ったラーメンに手を合わせ、『いただきます』と言って食べてくださった方は、あなた方が初めてです。有り難うございます」と、お礼を言ってくださったそうです。何ともすばらしい出来事だと思いませんか。

 人間が、お互いに感謝し合い、敬う姿勢を大切にしたいものです。
 そして、今年もお盆の季節になりました。感謝と敬いの心で、仏さまにお参りをしたいと思います。

固定リンク | 2007年07月31日【53】

7月15日〜主体性を持って考え行動する人に…

 台風四号は、九州地方に多大な被害を残していきました。

 さて昨今、教育界では、犯罪やいじめまた自殺など青少年を取り巻く様々な問題に対して、道徳教育の重要性が言われていますが、その道徳について、宗教家のひろさちやさんに読者のAさんから届いたお手紙を紹介します。

 Aさんは大正生まれ。大阪の女性で、手紙にはAさんが小学生のころ、明治生まれの厳格な父親に連れられて、汽車で東京に行ったときのことが記してありました。

 「行きは夜行列車の三等車でした。だから、列車の中はゴミだらけです。小学生の私は鼻紙を出して鼻をかみました。そのあと、その鼻紙をぽいっと床に捨てました。見ていた父は、その時何も言いませんでした」
 父親は、娘の行為を黙って見ていたそうです。

 帰りは「つばめ号」の展望車。戦前の超特急列車で、超デラックス車両です。Aさんはその展望車の中でも鼻をかみましたが、行きのゴミだらけの三等車と違い、ゴミ一つ落ちていない豪華な展望車の車内です。Aさんは鼻紙をどうしようかと迷います。そして、その鼻紙をポケットに入れたのです。

 その途端、父親はAさんを厳しく叱りました。
 「お前はなんてだらしのない子だ。周りがゴミだらけの三等車の中では平気でゴミを捨てる。だが、周りがきれいだとゴミが捨てられない。お父さんは、お前がそんな子であってほしくない」 

 父親がAさんに言いたかったことは、周りに流される人になるな。周囲の奴隷になるな。主体性を持って考え行動する人となりなさいということです。

 周りがゴミだらけだと自分も捨てる。周りがきれいだと捨てられない。道徳教育を行うことは大切なことですが、道徳は周囲の環境や状況によっていかようにも変化する限界を持つことも、それを勧める大人は認識しておく必要があるでしょう。

 Aさんは手紙の最後で、「やはり、明治生まれの父には、しっかりとした宗教心があったのだと、私は父を尊敬しています」と、おっしゃっています。

固定リンク | 2007年07月16日【52】

[1]    «    99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105    »    [119]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事