こころの電話

最近の記事

8月16日〜今生きる私のために…

 今年の夏は、猛暑と台風到来の繰り返し。涼しい秋風が恋しい季節です。

 さて、お寺や仏教というと、すぐにお葬式やご法事が思いついて、死にまつわるところというイメージを持つ方も少なくはないのですが、その教えを聞きていくと、決してそうではないことがわかります。

 例えば、仏教で人間が生前の悪業の結果として堕ちると説かれる地獄、餓鬼、畜生という世界も、ただその結果を、絵空事のように説いているわけではありません。

 地獄とは、悪いことをすべて人や物に責任を転嫁してまったく気にしない亡者と、自分のことは棚に上げて他人の失敗や欠点を激しく責め立てる鬼が同居し合い争い苦しむ世界。

 餓鬼とは、欲しいものがあると見境なくすぐに自分のものにしようとして、周囲のものに分け与えることをしないものが堕ちて、飢えと渇きの責めを負う世界。

 畜生とは、多くのいのちに支えられ生かされていることを忘れ、自分自身の言動や行動を恥じることを知らないものが堕ちていく世界だそうです。

 その内容をよく聞くと、単に先の世のことを言っているのではなく、今、自分自身の心の中にある煩悩について細かく説かれていることが分かりますし、それを戒めていることが分かります。

 問題なのは、人間という生き物は、普段はそのような邪念がないように思うのですが、縁がもよおせば、怒りや腹立ち、妬みや嫉みなど、自らの心中にどのような心がわいてくるか分からない怖さを持っているということです。

 そのような人間に対し、仏教はその心の有り様を問い、正しい道へと導く教えであります。

 火の車 つくる巧みはなけれども 己が作りて己が乗りゆく

 地獄や餓鬼や畜生の世界は、向こうにあるのではなく、私のつくりつくる世界です。

 ですから、その仏さまの教えは常々重ねて聞くことが大切なのです。

固定リンク | 2019年08月16日【340】

8月1日〜喜びの法要となるように…

 毎日、うだるような暑さが続いています。

 さて八月にはお盆の法要が勤まり、今年、初盆をお迎えになる家庭にあっては、特に丁寧にお勤めされることでありましょう。

 このお盆の行事は、『仏説盂蘭盆経』というお経に記された故事に基づくものです。

 お釈迦様のお弟子の目連尊者が、今は亡きお母さんの行く末を、修行で体得した先の世を見通す力で探したところ、お母さんは餓鬼の世界で飢えて苦しんでおられました。

 目連尊者はお母さんを救おうとするのですが、自分の力ではどうすることもできません。

 困り果てた目連尊者は、祇園精舎のお釈迦さまに救いを求め、お釈迦さまは母を救う手立てとして、お坊さん方が夏の修行を終える七月十五日に施しをすることを諭され、その功徳によってお母さんは、餓鬼の世界から救われたというものです。

 この故事によって、お盆は、亡くなられた方をご供養する行事だと教えるお寺もあるのですが、浄土真宗ではその受け止め方が異なります。

 浄土真宗においても、お盆には今は亡き方を偲び感謝の思いでお参りをするのですが、一方ではこのお盆の法要ことを喜びをもってお勤めする「歓喜会」と呼んでいます。

 その喜びとは、お念仏をいただくものは、阿弥陀如来の願いによってわけへだてなく救われるお約束をいただいているのですから、それを喜び感謝する法要であること。

また、目連尊者の施しによってお母さんが救われた日は、修行僧方が修行を成就した喜びの日であることから、喜びの法要とするのです。

 とは言えども、初盆に、今生でお別れした方を偲ぶことは淋しいことでもあります。仏前で静かにお念仏を申し、生前のご縁に感謝し、今に残る私自身も阿弥陀さまにともに救われていく身であることを喜ぶ法要となることを願います。

固定リンク | 2019年08月02日【339】

7月16日〜水俣で学んだ三つのこと

 湿気の多い季節、片手に団扇が必要になってきました。  

 さて、先月二十八日、熊本地方裁判所で言い渡されたハンセン病家族訴訟判決について、政府は控訴をしないことを明らかにしました。

 多くの差別を受け、計り知れない苦難を強いられたご本人や家族のご苦労を思うとき、この判断が早く実効的な対策に向かうことを願います。

 このニュースを聞いて思い出したのが、既にお亡くなりになりましたが、二〇〇二年に水俣市でお会いした水俣病の語り部の杉本栄子さんからお聞きしたお話です。

 杉本さんは水俣の漁師の娘として生まれ育ち、村全体が家族ぐるみでお付き合いをし、大変おだやかな漁村だったそうです。

 杉本さんが中学生になったある日、お母さんの体が突然震えはじめ病院に運ばれますが、そこは既に神経を冒された人々が狂騒する地獄の光景だったそうです。

 当初、風土病と思われた水俣病は、多くの差別と偏見を生み、村には造言飛語が広がり、杉本さんは筆舌し難い差別の過酷な日々を送ります。

 「今になってやっと話せる」という体験談は、聞く人自らの心を問う言葉となって重く深く迫ってきたことを記憶しています。

 杉本さんは、水俣病の厳しい体験を通して学んだことは三つだとおっしゃいました。

 一つは、「物事を知らんことはいかん」こと。やむを得ないことですが、漁師に生まれ育った杉本さんは海と魚のことしか知りませんでした。社会のことは前向きに学ばねばいけないということです。

 二つには「知ったかぶりをすることはいかん」こと。三つには「嘘を言うことはいかん」こと。知ったかぶりのいい加減で曖昧な知識をひけらかしたり、町中に広がった造言や嘘は、当時病で苦しむ人だけでなく、水俣の町中を混乱に陥れ、多くの人々を苦しめ辛い思いをさせたそうです。

 この三つは、日々私たちの生活の有り様を問うものでもあります。

固定リンク | 2019年07月16日【338】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [113]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事