こころの電話

最近の記事

2007年1月1日〜限りなきいのちと光に包まれて…

 あけましておめでとうございます。二〇〇七年、平成十九年の出発です。
 今年も、覚照寺「心の電話」をよろしくお願いいたします。

 さて、覚照寺では元旦の朝、新年最初の法要・「修正会」を勤めました。たくさんのご門徒が家族でお参りされ、いっしょに「お正信偈」を声たからにお勤めして、互いに「あけましておめでとうございます」とあいさつをしました。そして、仏さまにお供えしたお酒杯をいただきました。

 親鸞聖人は、お書物の中で、「世の中安穏なれ、仏法弘まれかし」と言われ、この世の平和と仏教が広まること願われました。私もそのお心をいただいて、精いっぱいのお勤めをしました。

 私たちが手を合わすのは阿弥陀如来という仏さまですが、この仏さまは無量寿と無量光のはたらきを持つといわれます。

 無量寿とは、限りのないいのちを持つ仏さまという意味で、これは私の過去、現在、未来、いつでもどこでも、慈しみの心で寄り添って支えて下さるはたらきをあらわしています。

 無量光とは、限りのない光を持つ仏さまという意味で、これは悩み苦しみ多き私の人生を、常に智慧の光で真実の世界に導いて下さるはたらきをあらわしています。

 考えてみれば、私たちを取り巻くすべてのものは、限りあるものばかりです。私のいのちもそうですし、家族や友人のいのちにも限りがあります。私の地位や財産、ものの見方考え方にも限りがあります。その限りあるものの中で、限りあるものにしがみつき、思い悩み喘いでいるのが人間の姿かもしれません。

 阿弥陀如来に手を合わせ、そこに説かれる教えを聞きひらいていくことは、そのような私が、限りなく広い心とものの見方に恵まれ、そこに豊かな人生が開かれるということです。

 「一度きりの尊い道を、今歩いている」という言葉がありますが、新年にあたり、今一度そのことを心したいと思います。そして、その尊い道を根底から支えて下さるのが阿弥陀如来の無量寿無量光のはたらきです。

固定リンク | 2006年12月31日【39】

12月15日〜 縁が働けばどちらへでも…

 早いもので、今年も残すところ半月となりました。

 さて、先日、京都の西本願寺に出張した帰り、鹿児島空港の駐車場で事故を起こしてしまいました。駐車場から自分の車を出すときに、早くハンドルを切りすぎて隣の車のバンパーに当ててしまったのです。

 相手の運転手はもちろん、周囲には誰もいません。一瞬焦りましたが、。すぐに警察に届けることを思い立ち、空港の派出所に行きました。

 私が事故を届け出ると、警察官は、「あなたみたいに届けてくれる人はいい。駐車場での事故はほとんど届ける人はなく、当たられた側は皆当たられ損になるのですよ」と、おっしゃいました。

 結局、ナンバーから当てた車の持ち主を捜して頂き、後日、お詫びを申しお許しを得て、車を修理させて頂きました。

 この出来事を通して、私はあることを思いました。それは、私が事故を起こし、警察に届けお詫びをしたことは、極めて当たり前のことなのですが、私をそうさせたのは、果たして私一人の考えや行動であったのか、ということです。

 いいえ、決してそうではありません。私のこれまでの人生の中で、このような過ちをしたときには自ら警察に届けお詫びを申すように勧める、多くの働きかけやご指導の賜ではなかったかということです。

 事故の時、周りには誰もいません。もしかしたら、私はそのまま人知れずこっそりと逃げていたかもしれません。そして、見ず知らずの人の車を傷つけたことを心に秘めながら、それからの毎日を送る身となっていたかもしれません。

 浄土真宗に、「お育てにあずかる」という言葉がありますが、少し縁が働けばどちらに向くか分からない不安定な私の心が、幸いにも、この度間違った方へ向かなかったのは、これまで多くの方々の正しい働きかけ、つまりお育ての賜であったと深く思うからであります。

 今年も、多くの方々のお育てにあずかりました。そして、このテレホン法話を聞いて頂いて有り難うございました。

 新年は、元旦にお話が変わります。皆さま、健やかな年末、よきお正月をお迎え下さい。

固定リンク | 2006年12月15日【38】

12月1日〜 「ご恩に報いる姿」とは…

 寒さが急にまして、暖房器具が入る家庭も増えつつあります。

 さて、先月から今月にかけて、鹿児島のお寺では報恩講法要が執り行われています。報恩講法要は、浄土真宗の本願念仏の教えを開いてくださった親鸞聖人のご命日に際し、親鸞さまに感謝すると共に、大いなるいのちの恵みをいただいて生かされるご恩に感謝するご法要です。

 その「ご恩に報いる」ということについて、鹿児島のある幼稚園での出来事をご紹介します。

 ある日の夕方、その幼稚園で、園長先生以下全員で職員会議をしていたら、園児のS君のご両親が自動車であわてた様子で来られました。

 園長先生が玄関先に出てみると、ご両親がかけてきて、「先生、有り難うございました。よかった。よかった」と大変喜んでおられました。

 園長先生がその訳を聞くと、S君は、その当時年長児五歳、実はお兄ちゃんがいたのですが、お兄ちゃんは三歳の時、大病を患って既に亡くなっていました。

 ちょうどその日は、幼稚園で、S君のお誕生会が開かれた日でした。先生やお友だち皆からお祝いをしてもらい、誕生日プレゼントをもらって、S君は帰宅しました。

 お家には、お母さんがいました。「Sちゃん、お帰り」と迎えたのですが、S君は玄関から真っ先にお仏壇の前に行き座りました。そして、幼稚園でいただいたプレゼントをお仏壇にお供えして、「ののさま、お兄ちゃん、お誕生会だったよ。お祝いしてもらったよ。うれしかったよ。ののさま、お兄ちゃん有り難う。ナモアミダブツ」と手を合わせました。

 それを見ていたお母さんは感極まって、携帯電話でお父さんに伝えると、お父さんもうれしさのあまり仕事をそのままにして、夫婦そろってそのことを幼稚園に報告に来られたのでした。

 このS君の姿は、私たち大人にとても大切なことを教えてくれています。仏さまのご恩に報いる日暮らしを大切にしたいものです。 

 なお、覚照寺の報恩講は、十二月十一日から十三日まで、計五座勤まります。お誘い合わせ、お参り下さい。

固定リンク | 2006年12月01日【37】

[1]    «    104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110    »    [119]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事