こころの電話

最近の記事

4月1日〜「慣れる」ことは大切だけど…

 例年になく遅い桜の開花です。

 さて、四月に入り、学校や会社でまた新たな年度がスタートします。新入生、新入社員には、早く新しい環境に慣れてほしいものです。

 そこで、その「慣れる」ということについて、私の思い出話をします。
 今から二十二年前、私は大阪の御堂筋にある本願寺津村別院に勤務しましたが、勤務して一年目、いわば小僧さん時代の話です。私を含め新人は、早くお寺の勤めに慣れようと一生懸命の毎日でした。

 その年の津村別院はなぜかお葬儀が多く、新人の私たちは、その準備や手配に追われていました。一つのお葬儀が終わるとまた次の葬儀が入る、という状態です。

 ある日、同僚の新人職員が事務室で、あまりのお葬儀の多さについ、「また、お葬儀か、しんどいな」ともらしました。重たい荷物を運んだり、全身でお経を唱えたり、大衆の前で緊張したり、傍目から見るよりも結構疲れるものです。私も内心、「ほんとだな」と思いました。

 しかし次の瞬間です。「おまえは何ということを言うか」と叱責の声がしました。その場に居合わした先輩の僧侶でした。そして、「葬儀を勤める側は何回あっても、葬儀を迎える側は一回切りぞ。そんなたるんだ気持ちで勤めたら
遺族にとって一回きりの葬儀はどうなるか」と、激しい口調で言われました。

 「勤める側は何回でも、遺族にとっては一回切り」。その時、私は大切なことを学ばせてもらいました。と同時に、早く慣れることは大切だが、慣れほど怖いものはない、とも思いました。

 「お葬儀はしんどいな」と言った同僚も、「ほんどだな」と思った私も、早く仕事に慣れようと必死でした。しかし、勤めて数ヶ月しかたたない私たちの心には、すでに「慣れの怖さ」が潜んでいました。

 先輩僧侶は、その怖さを鋭く指摘されたのでした。お互いに、心したいものです。

固定リンク | 2007年03月31日【45】

3月15日〜すべてを受け入れはしない姿勢

 春のお彼岸の季節、いよいよ寒さともお別れです。

 さて、今回もインドでのお話です。
 インドは人口が十一億人、面積が日本の約八倍ととても大きく、現在IT産業なども盛んで、めざましい経済発展を遂げつつあります。

 先般、私が訪問中、インド人のガイド・マダンさんに、「インドは今現在、すばらしい発展をしているが、様々な製品や情報が世界より入ってきて、生活が楽になっていいですね」と話しました。

 するとマダンさんは、「はい、でもインド人は、外国から入ってくるものすべてを、受け入れはしない」と応えました。

 「それどうしてですか」と私が再び聞くと、「生活を便利にするもの、簡単にするものは、インド人がこれまで何百年、何千年という歴史の中で培ってきた大切なものをきっと奪ってしまうからだ。便利なものは、人々から努力することや工夫することを奪う。簡単なものは、人々から考えることや感謝の心を奪う」と応えました。

 考えてみれば日本は、電子レンジや冷凍食品が普及して手作りをするお母さんがめっきり減り、手を合わせて食事をする家族を見かけなくなりました。テレビやゲームが普及して、子どもの学力の低下が叫ばれています。携帯電話やメールで瞬時に意思の疎通が図れる時代なのに、人々の争いは増えるばかり。生活が便利簡単になったはずなのに、離婚は年々増加し、家庭崩壊が危惧される時代です。

 マダンさんは、今、大きく変化しつつある大国インドにあって、このことを心配しているのです。

 私たちも、もう一度自分の生活を省みる必要がありそうです。お金で便利、簡単、スピードを買うことは悪いことではありませんが、失ってしまうものもありそうです。「もったいない、もう少し大切に使えばまだまだ使える」、「少し工夫すれば新しい物を求めなくても…」。

 マダンさんの言う、「安易にすべてを受け入れない姿勢」を大切にしたいものです。

固定リンク | 2007年03月15日【44】

3月1日〜その身かけた真剣な供養

 一雨毎に春が近づいてきます。

 さて、一月から二月にかけて参りましたインドの仏跡参拝旅行では、あらためて多くのことをお釈迦さまに学びました。

 八十歳になられたお釈迦さまは、ヴァイシャリーから生まれ故郷に向かって、最後の旅に出られました。

 来る日も来る日も、至る所で村人に説法をされながらの旅でしたが、パーヴァー村に立ち寄られたときに、お釈迦さまを心から慕う鍛冶職人のチュンダが供養を申し出て、それを受けられました。

 チュンダは最下層の貧しい生活の人でしたが、それでもお釈迦さまに精いっぱいの供養をしたいと思い、きのこ料理を差し出しました。が、残念なことにそれが腐っていて、ご高齢のお釈迦さまはそれが原因で激しい下痢を伴う腹痛に苦しまれ、そして死が決定的になります。

 仏伝によると、実は、お釈迦さまはチュンダの料理が腐っているのを分かった上で食べたと言われます。つまり、最下層の貧しいチュンダの精いっぱいの供養である料理を、有り難く召し上がったというのです。

 また、「チュンダを非難してはならない。チュンダには責任はない。チュンダはすば
らしい食事の供養をしただけだ」と、チュンダをかばい、気配りをされてもいます。

 私は、この供養という言葉に厳しさを感じます。供養とは、仏さまを心から敬いお香や灯、食べ物などを奉ることですが、それは、供養によって代償を求めるのでなく、あくまで仏さまへの尊敬の思いをあらわすものです。

 とても貧しい家庭のチュンダは、自分にできる精いっぱいもの供養をしました。お釈迦さまもそのチュンダの心をうけて、たとえ腐っていようとも有り難く食されました。互いにその身をかけた真剣な行為です。

 そこには、仏さまをお敬いする心以外、何ものも存在しません。
 仏事を勤めるときに、この供養の心を大切にしたいものです。

固定リンク | 2007年03月03日【43】

[1]    «    102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108    »    [119]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事