こころの電話

最近の記事

2006年4月1日

 四月八日は花まつり。今から二五〇〇年前、お釈迦さまが、現在のネパールのルンビニーでお生まれになった日で、花まつりはその誕生をお祝いする行事です。

 さて、三月末のある朝、お寺に二本の電話がかかってきました。一本は、鹿児島を代表する船舶運輸会社社長のOさん、もう一本は、これまた鹿児島を代表する漢方医薬店社長のSさんでした。お二方とも、私が西本願寺鹿児島別院に在職の時、所属していたロータリークラブで大変お世話になった方です。

 おおよそ八年ぶり、しかも突然の電話で何事かと思いましたが、内容は、「西本願寺の機関誌で、あなたの法話を読ませてもらいましたよ。久しぶりにあなたの顔を写真で見たので、懐かしくて電話をしましたよ」というものでした。

 鹿児島別院の機関誌の三月号に、掲載された私の法話をご覧になって、わざわざ電話をかけてきてくださったのです。私は、あまりにも突然で、しかも懐かしさと、感謝の思いが一瞬のうちにわき上がって言葉になりませんでした。

 Oさんも、Sさんも、私の拙い法話に対して、「有り難いご法話を読ませてもらいました」「お元気そうでなによりですね」と、電話越しに言葉をかけてくださいましたが、お二人とも大変お忙しい身なのに、しかもはるかに年下の私のことを憶えていてくださり、わざわざ電話をかけてきてくださったことに、私は大きな喜びと共に、大変恐縮することでした。

 お釈迦さまは、私たちの生活の中で、「布施の心・施しの心を大切にせよ」と諭され、大きなお金も品物もいらぬ七つの布施を示されました。その中に、言語の「言」という字に辞典の「辞」、布施の「施」と書いて「言辞施」という布施を示されました。

 これは、思いやり、ぬくもりのある言葉を相手にかける施しのことです。いくら携帯電話などが進歩しようとも、忙しい毎日、久しぶりの相手に電話一本かけて言葉をかけるということは、簡単なようでなかなか難しいものです。

 Oさん、Sさんのお電話に心から感謝すると共に、八年ぶりに、また大切なことを学ばせて頂きました。

固定リンク | 2006年04月04日【21】

2006年3月15日

 鮮やかに咲いた岩ツツジが、先日の春雨であっという間に散ってしまいました。

 さて、春が近づき、山では樹木が芽吹き、鳥たちの元気なさえずりが聞こえてきますが、お経には、極楽浄土にもいろんな鳥たちがいて、常に美しい声で仏さまの徳を讃えていることが記されています。

 その中に、「共」に、「命」の、「鳥」とかいて、「共命鳥」という鳥がいます。この鳥は、一つの同体に二つの首がついた不思議な鳥で、とても美しい声を持った鳥です。

 この共命鳥が、お浄土の鳥となったのにはある謂われがあります。というのも、共命鳥は、二羽の鳥が一心同体の姿をしていながら、以前より助け合うことがなく、ケンカばかりしていたのです。

 互いに、「私の声の方が美しい」、「いや、私の声の方が人々を魅了する声だ」と、いつもケンカばかりしているのです。そして、とうとう「あいつさえいなければ…」と、一つの頭が、もう一つの頭の食べる食事に毒を入れました。それによって、一つの頭は死んでしまいましたが、当然のこと、同体はいっしょですから、もう一つの頭の方も死んでしまいました。

 その愚かな行為を知った仲間の共命鳥たちは、大切なことに気づかされたのです。「相手を滅ぼそうとすることは、自分も滅びることになる。自分が生きようとすれば、相手も生かそうとしなければならぬ」という真理を、共命鳥は知ったのです。「共に支え合って生きること」を悟ったのでした。

 それ以来、共命鳥は、真理を悟った極楽浄土の鳥として、お互いに助け合いながら、昼夜仏さまの徳を讃えて、美しい声で鳴いていると言われます。

 私たちも、家庭で、仕事場で、地域で、助け合って生活をするといいことがたくさんあります。いがみ合って生活をすると、心は荒れすさんで、おおよそいいことなどありません。

 喜び事も、大勢の人で共に喜べば、その喜びは二倍にも三倍にもなります。悲しいこと苦しいことは一人のこととせず、皆でともに取り組めば、その悲しみ苦しみは二分の一、三分の一と小さくなります。そのことを共命鳥は教えているのです。

固定リンク | 2006年03月16日【20】

2006年3月1日

 二月が逃げるように過ぎていきましたが、寒さも次第に和らいできました。

 さて、二月初旬のテレホン法話で、逮捕起訴されてしまったライブドアの堀江貴文元社長の身だしなみについてお話しいたしましたが、それについて大隅町のKさんよりお便りを頂きました。一部をご紹介します。

 「テレホン法話をお聞きして、本当にそうだと思ったのですが、私にも同じようなことがありました。

 老人クラブで小学校に見学に行き、ふれあいの場で若い女性の先生の服装があまりにもひどかったこと。私どもが草取りなどの仕事をするときよりも薄汚れた、だらしない服装でした。

 神聖な教育の現場、これで教壇に立たれ、何で先生として尊敬できるのだろうかと心が痛みました。家に帰りその手で校長先生に手紙をと思いましたが、一介の老婆があまりおこがましいことかと逡巡してあきらめましたが、今日の電話は心に響きました。私どもの頃は、男の先生は背広にネクタイ、女の先生は襟元をきっちり合わせ袴をはかれて気品があり、子ども心にあこがれと尊敬をもって授業を受けたものでした。

 お寺では墨染めの衣に真っ白な足袋で姿形を整え、如来さまの前でご法話をしてくださる姿は清らかで、尊敬の念が湧いてきます。それで私どもも心を正して一言半句も聞き逃さぬようにしています。
 テレホン法話で、まず心は、身だしなみからだとの訓を再認識しました」

 拙いテレホン法話に、まことに有り難いお便りをいただきました。
 Kさんのお父さまは、Kさんが幼い頃、一家団欒の夜の食卓で、「人にはやさしく、自分に厳しく、人に好かれ慕われる人間になりなさい」とおっしゃっていたそうですが、その凛としたお心がにじみ出るようなお便りです。

 Kさんがお手紙のなかで一句詠んでくださいました。
 「ご法座や お僧の足袋の 白さかな」

 ホリエモンのことばかりでありません。この私も、身と心を引き締めて勤めに励まねばと、あらためて諭されることでした。

固定リンク | 2006年03月16日【19】

[1]    «    105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111    »    [114]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事