こころの電話

最近の記事

12月16日〜幸せごとに敏感に…

 今年の師走は、暖かかったり寒かったりで、体が思うようについて行きません。 さて先日は、お寺で報恩講法要が勤まりたくさんの方々がお参りくださいました。また「家族参拝の夕べ」にも、幼い子どもからお年寄りまで本堂いっぱいにお参りくださり有り難いことでした。

 その報恩講のご講師が法話の中で、「人は、不幸ごとには敏感であるが、幸せごとには鈍感である」という言葉を紹介くださいました。

 なるほど私たちは、他人の不幸ごとにはとても敏感ですし、ワイドショーの視聴率がいいのもそこに一因があるかもしれません。自分のことについても、つい他人と比較して人をうらやんだり嫉んだりすることがあります。人は不幸ごとに本当に敏感です。

 逆に幸せごとには、これまことに鈍感です。今日一日、朝昼晩ご飯をちゃんと食べることができて、多くの人様に支えられて仕事を勤め、大きな事故に遭うこともなく安全に過ごすことができました。

 友人が、新米が取れたと持ってきてくれました。職場の人がサツマイモを焼いてわざわざ持ってきてくれました。もし私に対し悪い印象を持っていたら、わざわざそんなことはしないでしょう。本当に有り難いことです。

 今日一日を心を落ち着かせてふり返ると、決して自分一人の力ではなく、本当に多くのいのちと人様と、尊いご縁の中で生かされたことをしみじみと感じます。

 ご講師は、「人として一番悲しいことは、感謝の心を持たないことである」ともおっしゃいました。

 人が幸せになれるヒントはここにあるのかもしれません。つまり自分自身の幸せごとに敏感になること。今日一日をゆっくりとふり返ることのできるゆとりと幸せごとへの気づき、そしてそのことに対する感謝の日暮らしの積み重ねです。

 今年一年、覺照寺心の電話を聞いてくださって有り難うございました。次回は新年、元旦の朝にお話が変わります。皆さま佳き新年をお迎えください。

固定リンク | 2018年12月16日【325】

12月1日〜気づこうとも聞こうともせずでは…

 例年に比べると寒さが和らいだ師走の入りとなりました。

 さて、今月十一日、十二日、十三日の三日間、覺照寺では報恩講法要が勤まります。

 報恩講とは、親鸞聖人のご恩に感謝するとともに、私たちをわけへだてなくお浄土にお救いくださる阿弥陀如来の、本願他力の念仏の教えを深く味わわせていただくための法要です。

 親鸞聖人は、私たちがお浄土に救われるには、ひとえにその教えを疑いなく聞かせていただくことが何よりも大切だと諭されます。  

 地獄に墜ちた一人の男に閻魔大王が問いました。「お前はせっかく人間に生まれながら、なぜまたここにやってきたのか?」。男は答えます。「私は忙しすぎて仏縁に遇うことができませんでした」。

「それなら、お前は生前、腰が曲がり、杖をついた年寄りを見なかったか?」。「そういう老人はこれまでたくさん見ました」…。

 「病に罹り、やつれて苦しむ病人は見なかったか?」。「そのような病人もたくさん目にしました」…。

 「ならば身のまわりで死んだ人間を見なかったか?」。「通夜も葬儀もこれまで数え切れないほど立ち会いました」…。

 そのような会話が続いたあと、閻魔大王はその男に告げました。「お前はこれまで、人は日に日に老いていくこと、必ず病で苦しむこと、死なねばならぬ身であることを、多くの縁ある人々がその身をもって教えてくれているのに、常に他人事として、それを自らのいのちの問題と真剣に受け止めることなく、わが身が救われる道を求めることがなかった。残念だがその果報は自らが受けねばならぬ」と…。

 阿弥陀さまは私たちを救わんと常にはたらきどおし、願い通しの仏さまですが、私たちがその如来様のはたらきに気づこうともせず、聞こうともせず、まして自らのいのちの現実に目を背けてばかりいては、届くものも届きません。

 共々に、阿弥陀さまの本願他力の教えを聞かせていただきましょう。どうぞ報恩講法要へお参りください。

固定リンク | 2018年12月01日【324】

11月16日〜様々な条件絡み合う中で…

 ここ数日、急にひんやりとしてきました。風邪をひかないように注意しましょう。

 さて先月、ジャーナリストの安田純平さんがシリアで武装勢力に拘束されてから、三年四ヵ月ぶりに解放されたことをきっかけに、「自己責任」という言葉が話題になりました。

 自分が主体的に行った選択や行為については、そのもの自らが責任を負うということでしょう。またジャーナリストの江川紹子さんによると、資金調達や投資運用は自己責任でというような、もともとは金融や経済活動に使われていた言葉が、病気や事故、会社の倒産、あるいは冬山登山などの冒険など、あらゆるリスク・危険に備える警告の言葉として用いられるようになったとのことです。

 今回は、危険地帯の現実を自ら取材するために、あえて挑んだジャーナリストの行為が問われたものであり、ご本人も現地での判断を誤ったことを認めておられましたが、どれほど準備や注意をしていても、様々な条件が絡み合う現場で、絶対的に安全を保つのは難しいものがありましょう。

 またこの言葉が、危険地帯にあえて行ったのだから、どうなっても政府は知りませんというような、政府の責任を限りなく軽くするような表現だけでとらえられたり、貧困や過労死などは自分自身の適切な管理ができなかったからというような、社会的弱者や訴えを封じ込めるための言葉として使われる危険性も、江川さんは指摘しておられます。

過酷な戦場で暮らす当事者の現実を、第三者が生で取材して伝えるジャーナリストは大変な仕事です。また壮絶な苦しみを受けることを目的に自ら赴く人などいないでしょう。

 結果だけを見て原因を推測し、いたずらに責任を問うことは慎みたいものです。

 また自分自身の行動にも、よく思慮した上で行えるようなゆとりを持ちたいものです。

固定リンク | 2018年11月16日【323】

[1]    «    3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9    »    [113]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事