こころの電話

最近の記事

2月16日〜すべてのもののしあわせを願う

 先日十三日の夜、福島県沖を震源とする大きな地震が発生しました。

 昨年来よりコロナ禍にあって、「このような時期に自然災害だけは起こらないように…」とことあるごとに願っておりましたが、自然の前にはそのような思いは通用しません。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 さて、仏道を歩むもの、仏さまのみ教えをいただくものの生き方。その目的は、すべてのものがしあわせになることです。

 いや、仏さまの教えにご縁のない人でも、すべてのもののしあわせを願う人はたくさんおられるでしょう。

 しかし、そのことを真剣に思えば思うほどその難しさも感じます。

 この度の地震発生を知ってから、東北にお住まいの方は皆大丈夫だろうか、津波は起きていないだろうかと直ぐさま案じました。しかしその次には、私の知人や友人など自分と関係のある人は大丈夫だろうかとその心配の領域は狭まりました。

 逆に、その地域に直接縁のある方がいない場合には、その心配のレベルは少し低下してしまいます。

 もしもその時、自分の身の回りに別の急ぎの要件があったなら、自分のことで精一杯で人の心配やしあわせどころではありません。

 人間の心は、自分の身の回りで何もないと一見穏やかで広く多くの人々のことを願っているようですが、自分の周辺で何かことが起きると自分と他人と直ちに区別をし、他人に対する思いや願いは吹っ飛んでしまいます。

 悪い人ではありません。わざとでもありません。思いやりの心がないわけでもないのですが、しかし、いつもどんなときでも、すべてのもののしあわせを平等に願うことは難しい。それが人間の限界だと思います。

 本当に、真に仏道を歩むことの難しさを感じます。

 しかし、そのような私たちだからこそ、仏道を歩む、仏さまの教えを常に聞くことの意義があります。仏さまの願いこそ、すべてのもののしあわせだからです。

固定リンク | 2021年02月16日【374】

2月1日〜有り難さがわかるとき

 春の到来を待ち望んでいる顔を「春待ち顔」と言いますが、今年は皆が「コロナ収束待ち顔」ではないでしょうか。

 さて、一月十七日は阪神大震災の日でした。二十六年前の午前五時四十六分に発生。鹿児島から被災地へ支援物資とお見舞いをお届けに出向いたことを思い返しながら、早朝本堂で犠牲者の皆様を追悼してお勤めをしました。

 当時、被災地でお話をしたおじいさんが、「地面が揺れて地面が揺れんことのありがたさがわかった」、「水道が出んようになって、初めて水道のありがたさがわかった」とのお言葉を毎年思い出します。

 私たちは、ともすると日々の生活を当たり前と思いがちです。

 毎朝顔を洗って食事ができて、仕事ができて学校に行けて、お客さんが来てお商売ができて、たっぷりのお風呂につかって夕食がとれて、毎日すべてのことが当たり前のように過ぎていきます。

 病気になれば薬局で薬を買って、あるいは病院に行って治って当たり前と思いがちです。

 果たしてそうでしょうか。今日一日、私が生きていること自体が当たり前ではないのかもしれません。

 私は人間に生まれたいと思って生まれてきた人がいるでしょうか。無数の人の縁によって恵まれた命です。食糧難に遭うこともなく、事故に遭うこともなく、戦争に遭うこともなく、地震や水害に遭うこともなく、今の今、私は生きていますが、これは果たして当たり前なのでしょうか。

 新型コロナウイルス感染の収束が未だ見えない日々の中で、当たり前と思っていた日々が当たり前でなかってことに、あらためて気づかされます。

 当たり前と思って暮らしてきた一つ一つが、有り難いことであることを心に刻みつつこ、慎みと感謝の生活を送りたいと思います。

固定リンク | 2021年02月01日【373】

1月16日〜今、コロナ禍の私たちにできること

 今月十五日の小正月には小豆粥を食べる風習がありますが、小豆は親鸞さまの好物だったと伝えられます。

 さて、今から二六〇〇年ほど前に、仏教の開祖であるお釈迦さまが、仏教徒の正しい生活の有り様を「八正道」として示されました。

 一つには「正見」、偏見によらず、物事を正しく見て判断すること。

 二つには「正語」、感情に流されない、正しい言葉遣いをすること。

 三つには「正業」、他人に迷惑をかけず、生命を妨げない行いに努めること。

 四つには「正命」、人の生命に役立つような生活(仕事)をすること。

 五つには「正精進」自らの短所を直し、長所を伸ばす努力をすること。

 六つには「正念」、日々、自らの言動や行動を正しく省みること。

 七つには「正思惟」、怒りや欲を抑えて、慈しみや慎みの心を持つこと。

 八つには「正定」、正しい精神統一、心を落ち着かせる時間を持つこと。

 現代人の生活に合わせて説明すればこうなりましょうか。

 お釈迦さまが示してくださったこの八つを、自分自身の日々の生活と照らし合わせてみてはいかがでしょうか。

 そして新型コロナウイルスの拡大が迫る今こそ、この八正道の生活が、私たち一人ひとりに求められているのではないでしょうか。

 残念なことですが、新型コロナ感染拡大が全国的に進み、その影響は医療関係者をはじめ飲食業や関連業者など、様々な分野に広がっています。

 また十六日のラジオでは、この病による死亡者が世界で二百万人を超えたことが伝えられていました。そこには二〇〇万という数の辛く悲しいお別れがそれぞれにあったはずです。

 一方で、緊急事態宣言が発令されて約一週間、思うように人々の自粛が進まず、医療崩壊の危機が叫ばれています。

 時を超えて、お釈迦さまが今、私たち一人ひとりができることを教えてくださっています。

固定リンク | 2021年01月17日【372】

[1]    «    3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9    »    [129]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事