こころの電話

最近の記事

10月1日〜たとえ失念ばかりの私でも…

 新米がおいしい季節となりました。

 さて、先日ラジオで、「本当の別れは会えなくなることではなく、忘れてしまうこと」という言葉が紹介されていました。

 これは、今年八月六日、広島市で行われた七十六回目の平和記念式典で、市内の小学六年生の二人が、子どもを代表して読み上げた「平和への誓い」の中の言葉です。

 「私たちには使命があります」という言葉に始まり、「私たちは、犠牲になられた方々を決して忘れてはいけないのです。私たちは、悲惨な過去をくり返してはいけないのです」

 「私たちの願いは、日本だけでなく、全ての国が平和であることです。そのために、小さな力でも世界を変えることができると信じて行動したい。誰もが幸せに暮らせる世の中にすることを、私たちは絶対に諦めたくありません」と、お二人は平和への誓いを世界に向けて力強く発信しました。

 お二人は原爆で犠牲になった方々を忘れてはならない。二度と悲惨な過去を繰り返してはならないという決意の言葉として、「本当の別れは会えなくなることではなく、忘れてしまうこと」と表現されました。

 これを、浄土真宗の仏さまのお立場から申せば、私たちには「別れはない」と言えるかもしれません。

 なぜなら、仏さまとなられし方々は、あとに残る私たちのことを、いつでもどこでもどんなときでも忘れてはおられないとお聞かせいただくからです。

 たとえ私のような失念を繰り返してばかりの人間でも、仏さまは決して忘れることなく、私に何を求めて生きるべきか、何を大切にして生きるべきか、常に問いかけてくださっています。

 仏さまの方から、決して「さよなら」はおっしゃらないのです。

 そういただくと、皆それぞれに小さな力ではありますが、身近なできるところから、平和な世の中になるようにとの一歩を、また踏み出さねばなりません。

固定リンク | 2021年10月01日【389】

9月16日〜忙しい手を少し休めて…

 秋の実り、たくさんの果物が出回っています。

 さて、秋のお彼岸の季節です。お彼岸は、日頃何かと忙しい私たちが少しその手を休めて、阿弥陀仏のお浄土に心を寄せて、その教えに耳を傾ける日本で生まれた大切な仏教行事です。

 先日読んだ本の中に、「人生への三つの質問」というものが紹介されていました。

 一つ目は、「あなたは人間に生まれてよかったですか」です。

 一説には、地球上には八七〇万種以上の生物が存在するといわれ、これまでに発見・分類された種はこのうちのほんのわずかだそうです。その多くのいのちの中で、人間のいのちを恵まれました。よかったでしょうか。それともノーでしょうか。

 二つ目は、「あなたは人間でしか会えないものに会っていますか」です。

 かわいいペットの犬に会いました。愛おしい猫ちゃんに会いました。そのような意味ではありませんし、そんな答えでもありません。死を避けることができない、代わることができない、後先順番もない、限りあるいのちを生きているということを、自分自身で受け止められる人間だけが、出会うものは何でしょうか。

 三つ目は、「やがてあなたは人生を終えていきますが、帰っていくところがありますか」です。

 お葬儀のご挨拶によく、「ご冥福をお祈りします」とか、「天国で安らかに」とか、「御霊のご平安をお祈りします」とか聞きますが、あなたの行くところは冥土ですか、天国ですか、霊とやらががふわふわしているところですか。あなたが帰って行くところは、いったいどんなところか聞きたずねたことはありますか。

 せっかくのお彼岸です。普段忙しい手を少し休めて、この三つの問いについて、自分なりの答えを探してみてもよいのではないでしょうか。

固定リンク | 2021年09月17日【388】

9月1日〜数多のご縁とおかげさまの大地で…

 朝夕、虫聞きが楽しみな季節です。  

 さて、先日、八月十六日にお亡くなりになった伊佐市・西福寺住職の原田靈城先生のお参りに出向きました。

 生前、公私ともにお世話になったご住職で享年九十七歳でした。

 お参りの後、後継のご住職と思い出話をさせていただきましたが、几帳面な性格でありながら、見た目は飄々として、またユニークな生前のお人柄が思い浮かび、大変懐かしく感じました。

 葬儀のパンフレットに、先生が齢七十七歳の時にお書きになった雑感と題した文章が掲載されていました。

 原田先生は、冬が青いと書く「そよご」を「とうせい」と呼んで、自分に命名されます。冬青とはやどり木のことで、なぜ命名したかその理由を、「七十歳も半ば過ぎ、越し方を思う時、若さをほこり、人並みにいろんなことをそれなりにしてきたという驕慢と過信の人生を、しみじみ恥ずかしく思います。世の中の組織やしきたりの「やどり木」でしかなかったことを反省する七十年余。

 大地に根を張って、雨にも負けず、風にも負けない大木とまではいかなくても、それなりにやってきたという自負心。しかし、この年になって思うことは亭々たる大木の小枝に宿借して、場所と栄養をいただいている冬青と何ら変わることのない生き方をしてきた自分に気づかされて、自分が自分に命名した名前であります」と記されています。

 二十五年以上の教員生活で多くの子どもたちを育成し、、また住職の勤め、保護司・公民会長などの社会的なお仕事にひたすら精一杯励んでこられた御方が、ご自身のことを大木の小枝に宿借りをするやどり木に過ぎないとおっしゃいます。

 元来努力家で自分に厳しい性分、しかし数多のご縁とおかげさまの大地で生かされてきた先生の静かな境地でありましょう。

 九十七年ご生涯、ご苦労様でした。そしてご縁に感謝いたします。

固定リンク | 2021年08月31日【387】

[1]    «    3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9    »    [134]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事