こころの電話

最近の記事

2月1日〜亡き方方が問いかけるもの

 立春とは言え、寒さが身にしみる毎日です。

 さて、先月十七日は阪神淡路大震災から二十二年目の日でした。

 新聞には震災直後、死に直面し迷いと恐怖に苛まれながら、消火や救援に当たる消防隊員の生々しい声が紹介されていましたが、その記事を読みながら当時のことを思い出しました。

 私が現場に到着したのは、地震発生から二日後の一月十九日の午後八時頃でした。変わり果てた神戸の町にただ驚くばかりでしたが、その中で、被災されたご遺体を運ぶお手伝いをさせていただいたことを記憶しています。

 また、被災された方々が「水がなくなって水の有り難さが本当にわかった」、「地面が揺れて、地面が揺れんことの有り難さがわかった」と述べておられた言葉も忘れることができません。

 日本ではその後も、東日本大震災や熊本大地震をはじめとする自然災害が相次いでいますが、悲しくもそこで被災され命を失われた方々が、後に残る私たちに問いかけ、教えてくださることはたくさんあります。

 いついかなる時、災害は起こるかわかりませんから、日頃からの危機管理や非常時の避難方法は当然のことでしょう。

 普段の私たちの生活の有り様も同様です。

 いついかなる時、お別れをしなければならない、無常という私たちの厳しい命の現実と、それだからこそ問われる命の尊さや家族、地域の絆。そして共々に支えられ生かされるご縁の有り難さ。

 水や電気などの資源の大切さや食べ物への感謝の心など、今は亡き方々は私たちの命の現実と生活のあり方一つ一つを問いかけてくださいます。

 その声と願いに静かに耳を傾けることが追悼、ご法事の場でとても大切なことでありましょう。

固定リンク | 2017年02月01日【278】

1月16日〜清濁併せ呑む心の広さは…

 インフルエンザが流行し始めています。手洗い、うがいをこまめにしましょう。

 さて、アメリカのトランプさんの大統領就任式が今月二十日に行われます。

 大統領戦の時から、大国アメリカのトップを決める選挙としてはお粗末すぎるといたるところで言われてきましたが、就任前から一方的に自分の考えを押しつけて、自らへの批判には耳を貸そうとせず、繰り返される粗野な発言は、三億以上の国民を取りまとめ、多くの国々と渡り合うアメリカのリーダーとして、本当に大丈夫なのかと多くの人が心配するところです。

 もう少し清濁併せ呑む、懐の深い大統領の姿を見せてほしいと思うのは私だけでしょうか。   

 清濁併せ呑むとは、善いことも悪いことも、善人でも悪人でも、賢者も愚者も、来る者はすべて受け入れる度量の大きさを表す言葉です。

 清らかな川も濁った川も海に流れ入れば、大海原は隔てなく受け入れることから、心の広い人のこと譬えています。

 しかし、常々欲が多く、怒りや腹立ち、嫉みやねたみの心を持つ私たちが、その清濁併せ呑む心の広さを持つことは容易なことではありません。

 それは、人間そのものが持つ本性を自ら厳しく見つめることなくしては得られないものでありましょう。

 「共に是れ凡夫ならくのみ」とは聖徳太子の言葉で、人はだれもが不完全で、未完成な生き物であり、だからこそ学ぶことの大切さを勧められます。

 グローバル化によって生じた国内外の多くの歪みをいっぺんに修正することは至難の業でしょう。しかしながら、多くの国民の声、世界の声に真摯に耳を傾けて、話し合いを大切にして、互いに学び合う姿勢を見せてほしいと思います。

 清濁併せ呑む心の広さは、常に学ぶことを忘れず、人間の本性を自ら厳しく見つめる心の中に育つものでありましょう。

固定リンク | 2017年01月15日【277】

2017年1月1日〜最後の到達点見つめて…

 明けましておめでとうございます。本年も「覺照寺こころの電話」をよろしくお願い申し上げます。

 さて、二〇一七年(平成二十九年)の幕開け。一人ひとり、また新たな一年が始まりました。

 今年一年の計画はお立てになったでしょうか。すでに新たな年のスタートは切られたわけですから、もうその計画はできていなければなりません。

 しかし、計画はおろか、その思いさえもまとまっていない人は毎日、目の前の用事に追われて、慌ただしくあっという間に年末、そして年越しとなってしまったからでありましょう。

 一年は短い単位かもしれませんが、しかしその繰り返しと積み重ねがその人生です。つまりその短い一年を、確かな計画を持たずに、それを繰り返しながら過ごす人生は、慌ただしく不安定なものとなりかねません。

 また、ただ今の計画がしっかりと立てられないのは、最後の到達点をしっかりと見つめていないからかもしれません。自らの最終地点、行き着く所がしっかりと念頭に置けるならば、それに向かう確かな計画は立てられるはずです。

 浄土真宗に「後生の一大事」という言葉があります。

 「後生」とは後の生と書いて、いのち終えてからのこと。「一大事」は最も大切なこと。つまり「この人生が終わってからのこと、いのちの帰すべき所が、あなたは明らかになっていますか」との問いかけです。

 人生には必ず終わりが来ます。しかもいついかなる時、どのような形で終わるかもわからないことは、これまで社会や周囲の縁ある方々がその身をもって教えてくださっています。

 私がいのちを終えるときに、本当に安心して参ることのできる世界があるならば、今の人生が、確かな計画のある安心した意義ある人生となることでしょう。

 世のなかに、大事大事は多けれど、この大事にまさる大事は無し

 新年にあたり、今の今、一人ひとりが心得たい大事なことであります。

固定リンク | 2017年01月01日【276】

[1]    «    3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9    »    [98]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事