こころの電話

最近の記事

8月16日〜自分のこととして…

 スポーツの祭典、リオのオリンピックはいよいよ終盤です。

 さて、暑いこの季節、お寺で紹介されるお話に芥川龍之介の『蜘蛛の糸』がありますが、私があるお寺の親子の集いでこれをお話ししたときのことです。

 大泥棒のカンダタは生前の罪で地獄に堕ちて、煮えたぎる釜の中で喘いでいます。

 その様子をご覧になったお釈迦さまは、カンダタが生前、一匹の蜘蛛を踏みつぶさなかったことを思い出されて、一度だけ地獄から助かるチャンスを与えようと一本の蜘蛛の糸をたらされました。

 それをつかんだカンダタは助かろうとよじ登ります。しばらくして下を見るとなんと、地獄の亡者が次から次にと蜘蛛の糸を上ってくるではありませんか。

 細い糸が切れてしまうと思ったカンダタは、「これは俺のものだ。お前たちは上ってくるな」と下に向かって叫んだとたんに糸は切れて、カンダタもろとも皆再び地獄の釜に落ちていったというお話です。

 このお話をした後、数名の親子の話し声が聞こえてきました。

 あるお母さんは、「正人君、お坊さんが言ったのはあなたのことよ。あなたすぐ虫を殺しちうじゃない」と子どもに向かって言われました。別のお母さんは、「由美ちゃん、あのカンダタはあなたみたいね。あなたはおもちゃを独り占めして、妹たちや弟たちに貸してあげないでしょ。あんなことしてたら、お坊さんが言ったみたいに地獄に落ちちゃうわよ」と言われました。

 その話し声を聞きながら私は、「お母さん、お宅のお子さんのことかもしれませんが、お母さんあなた自身の姿はどうですか」と心の中で問いました。

 お母さん、家庭の中で、つい害虫と決めつけて小さな虫たちをむやみに殺していないですか。日常生活の中で、つい自分さえよければいいという心にとらわれることはないですか。

 『蜘蛛の糸』のお話もお寺のご法話も、自分のこととして聞かせていただかなければ意味はありません。難しいことです。

固定リンク | 2016年08月18日【267】

8月1日〜清浄なる光によって…

 八月に入り暑さがいっそう増してきました。

 さて、先日ご門徒のお宅にお参りに行ったときに、そこのご主人から質問を受けました。

 「私たちが仏さまに向かってお参りをするのに、お仏壇のお飾りはなぜ、私たち人間の方にすべて向けてあるのですか」

 なるほどその通りです。お花も蝋燭も、また黄金色に輝く美しい部分も、お仏壇のお飾りはすべて私たち人間の方に向けてあります。

 『仏説阿弥陀経』というお経には、ご先祖方が往生された極楽浄土の世界の美しさが説かれていますが、その阿弥陀如来が作りあげてくださったお浄土に生まれた人は、仏さまの清浄の光によって清められると説いてあります。

 清浄とは寸分のけがれもないことで、罪悪や迷い、煩悩がなくなったことを言います。しかもそれは一時的なものでなく永遠にまことの清らかさを得るのです。

 さらに、お浄土において仏さまの光をいただき、まことの清らかさを得た者は、縁あるものや周囲のものを清らかにするはたらきを持つのです。

 お花や蝋燭、また黄金色に輝くお仏壇の美しいお飾りを私たち人間の方に向けてあるのは、まさしくその仏となられた方々が私たちの心を清らかにし、清浄なるお浄土の世界に導こうとするはたらきを形に表した姿に他なりません。

 私たち人間がご先祖方を心配する前に、お浄土の方から煩悩の渦中にある私たちを心配し願っている姿を形に表されているのです。

 その前に座りお念仏をお称えする私たちには、ご恩報謝の心しかありません。

 今年もお盆がやってきます。一般に、お盆にはご先祖が帰ってこられると言われますが、お念仏をいただく私たちにはお盆だけでなく、常に休むことなくご先祖がまこと真実の仏さまとなってはたらいていてくださいます。

 これ以上の功徳と幸せはありません。

固定リンク | 2016年08月02日【266】

7月16日〜真の自己の姿に目覚める

 今年の梅雨はなかなか明けません。大きな被害が出ないことを願うことです。

 さて、先日ラジオで、儒教の開祖である孔子と、その弟子・子貢との会話が紹介されていました。

 ある日、子貢が、「わずか一つの言葉で、一生それを守っていれば確かな人生を送れる言葉があるでしょうか」と孔子に問いました。

 それに対し孔子は、「それは恕という言葉じゃないかな」と、答えたそうです。 恕とは「思いやり」という意味です。

 孔子は、一度きりの人生で大切なことは、周囲のものに対する思いやりであり、自分のことと同じように相手のことも考えることが最も大切なことだと弟子の子貢に教えたのです。

 その話を聞きながら私は、お釈迦さまのこの言葉を思い出しました。

 「どの方向に心で探し求めてみても、自分よりもさらに愛おしいものをどこにも見いだせなかった。そのように、他の人々にとっても、それぞれ自己が愛おしいのである。それ故に、自己を愛する人は、他人を害してはならない」

 仏教では、真の自己の姿に目覚めることを教えます。まことの自己の姿に目覚め、自らのいのちの尊さや存在の重さ、愛おしさが自覚されると同時に、それはそのまま周囲の人のいのちの尊さ、存在の重さ、愛おしさにつながっていくのです。

 自分が、こういうことをされたら不快な思いをする。ならばきっと他の人も不快な思いをするだろから、決して私は他の人に同じことをすることはやめよう。

 自分が、こういうことをされたらとても嬉しかった。ならばきっとと他の人も嬉しいだろうから、進んで私は他の人にも同じことをしてあげよう。

 自己を見つめ、自己に目覚める人は、そのまま他の人への目覚めへとつながっていくのです。

孔子もお釈迦さまも、周囲から敬われ慕われる方々は、きっとそれを日々実践されていたのでありましょう。

固定リンク | 2016年07月16日【265】

[1]    «    3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9    »    [94]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事