こころの電話

最近の記事

5月1日〜心根を見つめる厳しく目

 こいのぼりが、五月晴れの青空を元気よく泳いでいます。

 さて先般、復興大臣が失言によって辞任をしたニュースが流れました。

 原発事故の自主避難者が故郷に帰れないことを「本人の責任」と発言し謝罪をしたばかりでしたのに、今度は大震災が、「まだ東北の方だったからよかった」と発言し、ついに辞任に追い込まれてしまいました。

 復興庁は、東日本大震災からの復興を目的とした行政機関ですから、今も苦しみや悩みをかかえながら生活されている多くの被災者を傷つけるようなこの度の発言は、その専任の統括責任者として到底許されるものではありません。

 昨今繰り返される政治家の失言について、長期政権によるたるみがあるとか言われます。また会派の重鎮が、立場をわきまえてとか、多人数の前で話すときは気をつけてと、政治家が発言するときの注意事項を紹介し戒めていましたが、いずれも「心の中では思っていても、本音は人前で決して言うな」「口は災いの元だから気をつけろ」という程度のもので、物事の本質を問うたものはほとんどありません。

 この度の発言で問われることは、東北の復興を目的とすべき大臣に、本当に被災地・被災者に心から寄り添う気持ちがあったのかということでありましょう。

 また、ひとりの人間として、すぐに物事を比較して損か得かを考えてしまう人間の本質、自らの心根を、厳しく見つめる目を持っていたかどうかということでありましょう。

 仏教では、心の行いを大切にします。日々の心の行いが、口の行い、体での行いとして現れるからです。

 そして仏教では、その心に灯を持つことを勧めます。灯とは、私自身の本当の心と姿を顕かにし、正しく人生を歩むための道しるべ、つまり真実の教えのことです。

 あなたの心には灯がありますか。まことの道しるべをお持ちでしょうか。共々に自らの心に問いかけてみましょう。

固定リンク | 2017年04月30日【284】

4月16日〜悪は人から出て…

 桜の花もすべて散って、山々はあざやかな緑一色です。

 さて、昨今のマスメディアが伝えるニュースは、誠に悲しく暗いものばかりです。

 大阪の小学校建築にからんだ国有地売却問題では、百万円を渡したとか、受け取っていないとか。方や一国の首相夫婦、方や国を信奉する教育者だそうで、もともと関係のあった双方が、今やどちらかが嘘をついているわけで、目も当てられません。

 東京の築地市場の豊洲移転問題も解決がつきません。盛土をしなかったのがいけないのか。地下のピットを作ったのは本当に悪かったのか。責任者もわからず移転も延期になって日々膨大な費用がかかり続けています。

 千葉県では、ベトナム国籍の小学校三年生の女児が殺害され、容疑者が何と同じ小学校のPTA会長という耳を疑うような事件が発生しました。何とも悲しく痛ましく憤りを覚えます。

 国際的には、核開発とロケット発射を繰り返す北朝鮮と、それを許さないアメリカとの緊張が高まっています。子どものケンカなら少々元気があっていいのでしょうが、殺戮兵器を持った大人の争いです。偶発的な摩擦が起きないようにと切に願います。

 視聴率獲得のために、人々の好奇心をそそり、野次馬根性をかき立てるマスメディアにも振り回されたくありませんが、これらのニュースのどれをとっても、日本の将来を担う子どもたちに見せたくはないものばかり。これが大人社会の現実だというにはあまりにもお粗末で、悲しく恥ずかしいものばかりです。

 しかし確かなことは、現実社会の一つ一つの出来事が、私や私の家族、私の住む地域や日本、そしてすべての人々に無関係ではないことを肝に命じておきたいと思います。 

 「悪は人から出て、人を滅ぼす」という言葉がありますが、人に向けるは安きこと。自分自身の生き方にこそ問いかけてまいりたいものです。

固定リンク | 2017年04月24日【283】

4月1日〜大切なお育てをいただく

 お彼岸はとっくに過ぎたというのに、今年はなかなか暖かくなりません。

 さて、浄土真宗のご法事は追善供養ではないと言われます。

 追善供養とは、私が亡くなった方の冥福を祈ったり、亡くなった方のために修行や功徳を積んだりすることで、浄土真宗のご法事にその必要がないのは、ご本尊である阿弥陀如来が一切の生きとし生けるものをもらさず必ず救うという、まこと真実の願いにすべてをお任せするからです。

 また、阿弥陀如来のまことの光に照らされた私たち人間の姿は、常に愚痴や不平不満に満ちていて、怒りや腹立ち、妬みや嫉みの心が絶え間なく湧き出ていて、そのような自分さえも全うにコントロールできない私が、実は、亡くなられた方のために役立つことなど到底出来ないことを知らされるからです。

 浄土真宗は、阿弥陀如来の願いに照らされた自らの姿を、誰よりも厳しく見つめられた親鸞さまの導きによりますので、その信仰の有り様には寸分の人間の思い上がりも甘えもありません。

 しかし、亡くなられた方への思いも決して忘れてはなりませんし、生前にご縁をいただいた方へ感謝の思いで何かしてあげたい、何かしなければと思う心も、人間として自然なことでありましょう。

 そこには、手を合わせて亡き方を心から偲ぶ姿があります。故人が好きだった食べ物や飲み物を求めて供える姿もあります。お花やお香を求めてお供えする姿もあります。その一つ一つの思いや行為も、亡き方を偲び感謝する人としての尊き姿であります。

 ただ一つここで大切ことは、その感謝の思いと行為一つ一つまでもが、実は亡き方のはたらきによるもので、その仏さまのはたらきによって、私が人として忘れてはならない大切なお育てを、既に今いただいていることです。

 亡き方を偲ぶ心、感謝の思いを通して、私たち一人ひとりにはたらいている阿弥陀如来の願いを聞かせていただくご縁につながれば、ご法事はさらにすばらしいものとなりましょう。

固定リンク | 2017年04月01日【282】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [98]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事