こころの電話

最近の記事

3月16日〜いつでもどんな時でも…

 お彼岸法要で毎日忙しくしていましたら、十六日にご法話を変更することをすっかり忘れていました。申し訳ありません。

 さて、三月十一日は、東日本大震災から丸七年で、お寺でも鐘をたたきお勤めをさせていただきました。

 死者、行方不明者が一八〇〇〇人以上の未曾有の大災害。多くの方々が家族を失い、家を失い、大変辛い思いをされ、それは今もなお続いています。

 その年の夏、甲子園野球に福島県の選手たちが出場した時のことを、偶然読んだ本で知りました。

 惜しくも二回戦で敗退した選手たちは、「このような状況のなかで、甲子園でプレーができた僕たちは本当に幸せでした」と、涙ながらに話をしていたそうです。

 応援していた福島県の方々も、「感動をありがとう。幸せです。選手たちに元気をもらいました」と話しておられたそうです。

 その年の三月、言葉では表せぬほどの辛い思いをされた福島の方々が、選手たちの精いっぱいのプレーを見て、「幸せだ」とおっしゃっていたのです。

 「幸せ」とは何でしょう。お金があって、立派な家に住んでいる人でも、不満だらけの人はたくさんいます。逆に慎ましい生活をされている人でも、幸せな気持ちのなかで過ごされている人もいます。

 その本には、野球選手たちに言われた「有り難う」の大切さが書いてありました。つまり「有り難う」と感謝の思いを忘れず、素直にそれが言えることです。

 「幸せ」という漢字の、横棒一本とれば「辛い」という字になりますが、その横棒一本こそが「有り難う、おかげさま」の感謝の心です。

 生きているかぎり、私たちの身にはどのようなことが起こるか分かりません。

 しかし、いつでもどのような時でも、「有り難う、おかげさま」の感謝の心を忘れない。福島の皆さんはその大切さを教えて下さいました。有り難うございます。

固定リンク | 2018年03月24日【305】

3月1日〜大切な話や事柄は若いうちに…

 日中はようやく春めいて参りました。

 さて、かなり前のお話、私の娘が四歳の頃の出来事です。

 私と妻と娘と三人で、鹿児島市内・別院近くの商店街を歩いていた時です。

 娘が私たちの手を振り払い、途中で立ち止まり、私たちと一緒に歩こうとしません。いったいどうしたのかと娘の様子をよく伺うと、お寺の門前町の仏壇店に並ぶ販売用のお仏壇一つ一つに合掌していたのでありました。

 毎日、家のお仏壇に親子そろってお参りをしていたので、お仏壇を見ると条件反射でそうしたのでありましょう。その姿を見て、まことにほのぼのとした気持ちになりましたが、同時に、理屈が分からない幼い子どもはまず、形から入ることの大切さを教えられたことを記憶しています。

 逆に先般、お父様を亡くされた六十代の男性が、「父が生きていた時は、口うるさくて反発ばかりしていましたが、この年になってあらためて思い返せば、父は若い私の将来を案じて大切なことを言ってくれていたのだと、しみじみと思います」と話されていました。

 言われた時には素直に受け入れられなかったことが、時間が経過し、様々な経験をして、なるほど言われたことはそういうことだったのかと、受け入れられるようになったのです。

 昔親から言われたことが、様々なご縁をいただいたことによって、やっと身についたと言えるかもしれません。親の意見と冷や酒は後から効くとはこのことでしょう。

 そうすると、大切な話や事柄は、幼い子どもたちには形から、大人は若いうちにたくさん聞いておくことが大事ということになります。

 仏さまにお参りする習慣も、仏さまのお話も、早めに慣れ親しみ、たくさん聞いておくことが必要です。ご門徒の男性がおっしゃるように、聞いた時にはあまりピンとこなかったことが、人生が深まるごとにその教えが心と体に染みいってくるからです。

固定リンク | 2018年03月01日【304】

2月16日〜ただ今、それ一点のみ…

 「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」。やることが多いのに時間だけが過ぎて、物事が思うように進まないことを表した言葉です。

 さて、平昌オリンピックでは、各国から参集した選手たちが素晴らしい演技や競技を披露して、世界の人々に多くの感動を与えています。

 この日を目指して試練に耐えて練習を重ねてきた選手たちばかり。その成果を思う存分発揮してほしいものですが、オリンピックの大舞台、いつも通りの平常心を保つことは並大抵のことではないでしょう。

 鎌倉時代、禅宗の有名な高僧・瑩山(けいざん)禅師がお師匠の徹通(てっつう)禅師に、「平常心とはどのような意味か」と問われて、「茶(さ)に逢うては茶を喫(きつ)し、飯(はん)に逢うては飯を喫す」と答えています。

 お茶を飲む時はひたすらお茶を飲み、ご飯を食べる時はただただご飯を食べる。それが平常心だと言われるのです。

 私たちが普段お茶をいただく時は、家族の者とあれこれ世間話をしながらお茶を飲む。あるいは新聞や雑誌を見ながら飲んでいる時が多いようです。

 ご飯を食べる時も、テレビを見たり話をしたり、あるいはあれこれ物事を考えながら食べることが多いようです。

 瑩山禅師は、平常心とは、お茶を飲む時はひたすら飲んで、ご飯を食べる時はひたすら食べて、ただ今それ一点のみに集中し、その他のことはあれこれ考えない。余計なことをしないこと、とおっしゃいます。

 オリンピック選手も様々なプレッシャーで大変でしょうが、ただ今それ一点のみ、それ以外のことはあれこれ考えない平常心で、競技や演技に望んで欲しいものです。

 いや選手たちだけではありません。私ども一人ひとりも、先のことばかり考えてあれこれ心配ばかりするのではなく、目の前にある事柄を、比べず、焦らず、コツコツと、ただ今それ一点のみの心で、勤めて参りたいものです。

固定リンク | 2018年02月17日【303】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [105]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事