こころの電話

最近の記事

12月16日〜自分にとっても相手にとっても…

 早いもので今年もあと半月となりました。

 さて、お寺の幼稚園では、来年の学習発表会に向けて合奏や合唱、お遊戯や劇などの練習が始まりました。

 年中児さんのクラスでは、劇の「桃太郎」の練習が始まりました。

 桃から生まれた桃太郎が、常々村人に悪さをする鬼を退治するために、犬、猿、キジにきびだんごをあげて加勢をもらって、見事鬼退治を果たし宝物を持ち帰るというおなじみのお話です。

 園児たちが、事前にその話をよく理解するために皆で会話をしていると、ある園児が、「鬼が鉄の棒や武器を持って村人に悪さをすると、村の人たちは怪我をして、痛い思いをしたり、苦しい思いをする」と意見を述べ、周囲の園児たちもその意見に同意したそうです。

 そして会話が終盤の鬼退治の場面に来ると、園児たちから、「桃太郎たちが刀や武器を持って鬼退治にいくと、きっと鬼たちも村人たちと同じように、怪我をして痛い思いをしたり、苦しい思いをする」という意見が出たそうです。

 その意見に対して、幼稚園の先生が「じゃあ、桃太郎たちはどうしたらいいと思う」と尋ねると、「刀を捨てて勇気を出して、話し合いにいけばいい。そして鬼たちと一緒に楽しく仲良く遊ぶように誘おう」と意見がまとまったそうです。

 なんと素晴らしい子どもたちと先生でしょうか。

 昔ばなしは、正義とか、無欲とか、約束の大切さなどを物語を通じて教えるものですが、子どもたちは一方的な押しつけの正義ではなく、自分を村人に写し、逆に鬼にも自分を写して、自分にも相手にとっても、本当に大切なものは何かを見だしています。

これぞまことのめでたし、めでたしです。来年の学習発表会が楽しみです。

固定リンク | 2016年12月15日【275】

12月1日〜少しだけ慈しみの心を…

今年も残すところあと一カ月。年を重ねるごとに、一年過ぎ去るのが早く感じます。

 さて先日、テレビで九州の大型テーマパークが、死んだ魚五千匹を氷漬けにしたスケートリンクをオープンしようとしたところ、「残酷」、「かわいそう」といった批判が集まり、急きょ閉鎖されたというニュースがありました。

「まるで海の上を滑っているような感覚で楽しめる」と、飛び付くような話題性、意外性を考えた上での企画だったのでしょうが、氷漬けのリンクの製作過程を伝えた同園のフェイスブックで、口が開いた魚の写真に、「お、おぼれるー」「息、出来なくなってきたよ」とセリフまで付けて紹介するなど、ニュースを通して知る限りはあまり感心できる内容ではありませんでした。

またマスコミの取材に対しても、魚は食用として売り物にならない死んだ規格外の魚を市場から仕入れたとのことですが、規格外であろうが規格内であろうが、命を持っていたことに変わりなく、その魚たちを氷漬けにしたリンクを人間が滑って楽しむことに、痛みや悲しみを感じた方も少なくはないと思います。

  本格的な冬に向かって、お客さんを集めるために競争の激しいお仕事で、ご苦労も多いことでしょうが、どうか共々に、少しだけ慈しみの心を持ちましょう。命を哀れむ心を持ちましょう。そのことをあらためて教えられた心に重いニュースでした。

  小さな魚たちに、一つ一つの尊いいのちを見た詩人・金子みすずさんの詩を味わいます。

 朝焼小焼だ 大漁だ 

 大羽鰮(いわし)の 大漁だ。

 浜は祭りの ようだけど

 海のなかでは 何萬(まん)の

 鰮のとむらい するだろう。

固定リンク | 2016年11月29日【274】

11月16日〜凡夫の自覚ということ

 紅葉の少ない鹿児島の山々も所々色づいてきたようです。

 さて、連日マスコミを騒がせてきたアメリカの大統領選挙も、大方の予想を覆しトランプ氏が勝利しました。

 偽りの理由をもって起こしたイラク戦争によって、多くの若者を失った大国アメリカの失望感。

 人や物やお金が国際社会を自由に行き来するグローバル化によって、広がりすぎた所得の格差。

 戦争も、教育も、医療も、福祉もすべてビジネス。利益優先によって生じた人々の社会的な不安などが、一挙にトランプ氏への支持に動いたような気がします。

 トランプ氏の当選によって、アメリカもまだ混乱の中にありますが、日本においてはTPPの問題や東アジアの安全保障の問題も大変心配されるところです。

 この度のアメリカ大統領選挙にかかわる混乱のニュースを見るにつけ、いかに人間が相手の立場に立って物事を考えることが難しいか思い知らされます。

 また自由という名の下に、人間の果てしない欲望が人々の間に多くの溝を作ってしまったような思いもいたします。

 親鸞聖人は、凡夫の自覚ということを私たちに教えて下さいました。

 凡夫とは、仏さまの眼に照らされた人間の本当の姿、私自身のことを言います。

 その姿とは、怒りや腹立ち、ねたみや嫉む心があふれていて、臨終の時までその心は絶えることはない。

 凡夫とは、仏さまのまことの教えによって、人間の心根の限界に気づかされた言葉であります。

 決してお隣の国のことだけではない。私自身と私たちの社会の問題であります。

 親鸞さまは、「人間社会には嘘や偽りが多く、まこと真実といえるものは念仏しかありません」とも言われます。

 これは、仏さまの智慧と慈悲をより所にした生き方こそ、まことの生き方であると言い換えることができましょう。

固定リンク | 2016年11月16日【273】

[1]    «    4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10    »    [98]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事