こころの電話

最近の記事

11月16日〜そのカゴを水につけよ!

 初冬の穏やかな日差しを小春日和と言いますが、寒さの中の小さな春です。

 さて先日、本堂で法事をお勤めし、ご法話が終わった直後のことです。お参りに来られていた高齢の女性が私に質問されました。

 「私はご覧の通り高齢で、手も震えてメモを取ることができません。ですから、今お坊さんが話してくださった有り難いお話をしっかりと聞いて帰ろうと思うのですが、いつも、右の耳から左の耳へ通り抜けて、時間が少し経つと何も頭の中には残りません。どうしたらいいでしょうか」

 私の拙い話を有り難いと思い、そして聞きとどめたいと思ってくださるとは、これはまことに有り難いことです。

 その女性の質問に対して、私は蓮如上人のお言葉を紹介しました。

 「おばあちゃん、それはこの私も一緒ですよ。私もご法話を拝聴したしばらくの間は覚えているのですが、時間が経てば忘れてしまいます。でも、そんな私たちに蓮如様は、『そのカゴを水につけよ』とおっしゃいます。

 竹で編んだカゴに上から水をかけると、水はカゴの隙間を抜けて全部下にこぼれてしまいます。つまりこのカゴが私たちということです。仏様のお話を聞いて、有り難いな、よかったな、ちゃんと覚えておかなければと思っても、水がカゴをさっと通り抜けるように、時が経てばすぐにお話を忘れてしまう。

 蓮如様は、ならばいっそのこと、カゴを水につけておけば忘れることなく、仏さまのみ教えにずっと浸っていることができますよということです。つまり仏様のお話を聴聞する機会を重ねることの大切さをおっしゃっているのです」

 「そのカゴを水につけよ」

 日本全国、報恩講の季節です。そうぞ、近くのお寺に足を運びお聴聞を重ねて、仏さまのみ教えに心身を浸しましょう。

固定リンク | 2021年11月18日【392】

11月1日〜一切のもは原因があり縁がはたらいて…

 秋も深まり、テレビでは照紅葉の美しい風景が放映されています。

 さて、仏教は因縁生起の教えといわれます。インとは原因の因、ネンとはご縁の縁、ショウとは生まれる、キとは物事が起こるという字を書きます。

 つまりこの世の一切のものは、原因があり、そこに縁がはたらいて、生まれて、起こり、すべてのものは複雑に関係し合って存在しているということです。

 先日、お寺の庭に植えてあるインド菩提樹の枝を切って挿し木にしました。

 このインド菩提樹は、十数年前インドのお釈迦様の仏跡を参拝した折に、苗木をもらってきて庭に植えたものです。

 それから毎年春先に芽を出して、夏に大きく成長し、秋には高さ一メートルくらいにまでなるのですが、冬を前に必ず枯れてしまいます。

 盆地で寒さの厳しい大隅の環境に合わないのでしょう。菩提樹の芽が出る原因はあっても、それが育つご縁、つまり条件が整わないので、大きな幹になるまで成長しないのです。

 しかし、菩提樹は完全に枯れてしまったわけではありません。毎年必ず芽を出すわけですから、土の中で生きているわけで、これも枯れて死ぬご縁、つまり条件が整わないので、生命を保っているわけです。

 今回、その枝を切って挿し木にしたのですが、これもご縁、条件が整わないと、うまく根が出て成長はしないでしょう。

 よく縁起がいいとか悪いとかいうことがありますが、実は、この因縁生起を略した言い方が縁起ということで、本来はいいとか悪いとかではなく、この世の一切のものは、原因があり、そこに縁がはたらいて、生まれて、起こり、すべてのものは複雑に関係し合って存在しているというお釈迦さまが説かれた真理のことであります。

 さて、菩提樹の挿し木は上手に育つでしょうか。お水や日当たり、肥料など、菩提樹にとって、よい条件が整うように努力をしましょう。

固定リンク | 2021年10月31日【391】

10月16日〜落葉は肥えた土、生きた土となり…

 幼稚園やこども園の運動会に追われてあくせくしている間に、このテレホン法話の変更を失念していました。申し訳ありません。

 これから一気に秋が深まり紅葉の季節となりますが、美しく照り輝く照紅葉はやがて落葉となり風に散っていきます。

 しかし、落ち葉は風に散ってそれで終わりかといえばそうではありません。

 大地に包まれてやがて肥えた土、生きた土となり、厳しい冬を乗り越える多くのいのちを守り支えます。  

 私たちは、自分が生きているこの今と、死ぬという未来は、人生という一本道のまだ遠い先、延長線上にあるように思いがちです。

 しかし仏教では、自分が生きることと死ぬことは薄い葉っぱの表と裏のように切り離せない関係で、落葉が風に吹かれてはらりとめくれるならば、そこには死という厳しい現実が誰にでも訪れることを教えます。

 しかし仏教はそれで終わりと説きません。なぜなら私たちは「往生浄土」という仏さまからのお約束をいただいているからです。

 往生という言葉は一般に、人が死ぬという意味で使われがちですが、本来は往(い)き生(う)まれることで、阿弥陀仏の浄土で新たないのちに恵まれることです。

 落葉がやがて肥えた土、生きた土となり多くのいのちを守り支えるように、まさしく私たちは、阿弥陀仏の本願という大いなる大地に包まれて、浄土に往き生まれ仏となり、あとに残る方々を導くはたらきをなす存在となるのです。

 「あなたの人生にどのようなことがあろうと、あなたにどのような悲しみ、苦しみがふりかかろうと、私はあなたを決して見離すことはない」。

 南無阿弥陀仏には、阿弥陀さまのそういう心が込められています。

 私たちは、その大いなるお慈悲の心におまかせするだけであります。

固定リンク | 2021年10月21日【390】

[1]    «    2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8    »    [134]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事