こころの電話

最近の記事

8月16日〜何一つ完全でない私が…

 全国で、コロナ感染、大雨が心配されています。気をつけましょう。

 さて、「善人ばかりの家庭では、争いが絶えない」という言葉があります。

 おかしなことです。家族全員が善人であれば平和なはずなのに、なぜ争いが絶えないのでしょうか。

 この善人という意味は、「私の考えは正しい。私の行いは正しい。私の発言は正しい」と、自分自身を省みることを知らず、我を善しとする人のことをいいます。このことは家庭だけではないようです。

 学校や幼稚園の先生方の中には、今の子どもたちの教育が思うように行かないのは、家庭での親の躾や教育がだめだからだとおっしゃる方がおられます。

 保護者の中には、子どもの成績が思うように上がらないのは、学校や先生方の指導方法が悪いからだとおっしゃる方もおられます。

 子どもの中にも、日ごろ家庭で保護者間の話を耳にしているのでしょうか、この先生は教え方がダメとか、この先生の態度が悪いとかいう子もいると聞きます。

 もちろん、学校や幼稚園の先生、保護者もそれぞれに、その職責や務めを全うするよう常に改善や努力を怠ってはなりませんが、あまりにも自分の立場からだけの意見で相手を責め立てると、争いと時間だけが費やされ、皆が疲れてうまくいくものもうまくいかなくなりますし、何よりも子どもたちを取り巻く環境がさらに悪くなります。

 あらためて自分自身を省みると、一人の人間としても、福祉・教育に携わる者としても、お寺を与る僧侶としても、親としても、夫としても、自分は完璧、完全だと言えるものは何一つありません。

 何一つ完璧にできない、完全でない私が多くの方々の支えによって、 一人の人間として、福祉・教育に携わる者として、お寺を与る僧侶として、親としても、夫として、今日もなんとか過ごさせていただいています。

 「善人ばかりの家庭では、争いが絶えない」深く味わいたい言葉です。

固定リンク | 2021年08月17日【386】

8月1日〜誰一人こぼれることなく

 酷暑の日々、照りつける空を見上げて急な白雨などを求めたくなります。

 さて、今年もお盆がやってきます。毎年この期間は、初盆をお迎えになるご家族がたくさんお参りになります。

 そして、この一年間にお亡くなりになったお一人おひとりを偲びつつ、初盆のお勤めをするのですが、あらためて思い返すとお亡くなりになったのはご高齢のおじいさんやおばあさんだけではありません。

 中には幼いお子様もおられます。若い青年もおられます。働き盛りの若いお父さんもおられます。ご両親、あるいは奥様、ご主人、お子様をこの世に残して、先にお浄土に参られた方々がいらしたことを、思い返しながらお勤めをするのです。

 そしてあらためて「生死一如」という言葉を深くいただきます。

 「しょうじ」とは生きることと死ぬことと書きます。「いちにょ」とは一つの如くと書きますので、「私が生きているという現実と、私が死ぬという現実は常に一体である」という意味です。

 私たちは、日常の生活の中で、私が死ぬという現実は、私の人生の道のまだまだ先、いつかは来るだろうがまだまだはるか遠い向こうにあるように思いがちです。

 しかし私たちは、誰一人こぼれることなく、一瞬たりとも離れることなく、死と背中合わせの今を生きているということです。

 ご高齢でお亡くなりになった皆さまの初盆も、命の尊さや人生の厳しさを教えてくださいますが、お若くして亡くなられた方々の初盆は、なおさらこの生死一如、厳しいいのちの現実を、私たちに問うてくださる大切な期間です。

 「人は皆、ひと息ひと息のいのちを今生きている。南無阿弥陀仏のお念仏とともに、怠ることなく今を精一杯勤めよ」。仏となられし方々のお浄土からの呼び声に、静かに耳を傾けるお盆です。

固定リンク | 2021年08月01日【385】

7月16日〜子どものポーズ一つで、言葉一つで…

 長い梅雨が明けたというのに、雨は降り続いています。

 さて、宗教を語るときに「救われる」という言葉がありますが、その時の「救われる」とは、その教えを聞くことによって物事の見方や考え方が変わる。あるいは物事の受け止め方が変わり、それまでとは違った生き方に恵まれる。さらに、どのような困難な状況にあっても生きる道があることに気づかされることを意味します。

 また、そのような難しい意味でなくとも、私たちの日常で、たった一言で救われたということも時折あります。

 先日、お寺の幼稚園とこども園の行事でキャンプファイヤーがありました。

 この行事では毎年、子どもたちに楽しんでもらうために、園長の私が、様々な人物やキャラクターに扮して点火式をするのですが、今年はテレビに出てくるヒーロー・レンジャーをすることになりました。

 とは言っても、中身はすでに還暦を迎えた中年太りのおじさんです。たち振る舞いも思うようにできず、鏡に映る太めのレンジャーは子どもたちに夢を与えるヒーローとは決して言えませんが、でも、子どもたちのために精一杯かっこよく頑張ったつもりでした。

 しかし不安は現実になりました。キャンプファイヤーが終わった後の子どもたちの言葉は、「あれ、園長先生が入ってたんでしょ」、「僕、先生だとすぐわかったよ」と、夢を与えるどころかモロバレで、大変厳しいものでした。

 その言葉を聞いて、私も今までいろいろ頑張ってきたけどもう限界かなと、自らの年齢と不甲斐なさを痛感することでした。

 そのような中、キャンプファイヤーの後、一人の男の子が、私のレンジャーの姿をまねて必死にポーズを取っていたことを職員から聞きました。

 あるお母さんからのお便りで、お家で子どもが「赤いレンジャーが出てきたよ」と、お話をしていたことを伺いました。

 何とか、まだ私にはここに居場所があるようです。子どものポーズ一つで、言葉一つでヒーロー・レンジャーは救われました。

固定リンク | 2021年07月16日【384】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [129]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事