こころの電話

最近の記事

8月16日〜アタリマエでない日々の中で…

 暑い夏、時折どこかから吹いてくる涼しい風を、だれかが「極楽のあまり風」と言いました。阿弥陀さまに吹かせて下さいとお願いしたい毎日です。

 さて、今月十日から2020年高校野球交流試合が阪神甲子園球場で開催されました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、春の選抜高校野球大会が中止され、出場が決まっていた全三十二校の球児たちに甲子園の土を踏ませてあげたいという思いから、高野連が招待し開催されたものです。

 その開会式での高野連の八田会長の挨拶は印象深いものでした。

 会長は参加球児たちに向かって、「皆さんは『有り難う』の反対語をご存じでしょうか」と問いかけた後、「有り難うの反対語は『アタリマエ』です。これまでの周りの手助けは奇跡とも言うべきもの。そのために、感謝の気持ちをアタリマエではなかったという言葉に込めるのです。感謝の気持ちを忘れず、甲子園球児という誇りを胸に、長い人生行路を歩んで下さい」と述べました。

 「有り難う」の反対語は「アタリマエ」。

 思い返せばほんの数ヵ月前までは、アタリマエのように東京オリンピックもあると思っていました。アタリマエのように春と夏の甲子園もやってくると思っていました。アタリマエのようにお盆でたくさんの帰省もあると思っていました。

 そして今年の夏もいつものように、アタリマエに多くの家族が旅行に行き、楽しい思い出を作ることができると思っていました。

 「有り難う」とは「有ることが難しい」と書きます。今日三度のご飯を食べることができて、学校に行ったりお仕事ができたり、一日を無事に過ごすことができるのも多くの条件がそろってのこと。その不思議に対する感謝の言葉が「有り難う」です。

 残念なことに人間は、自分の身にアタリマエでなくなった事が起きたときに、初めてアタリマエの有り難さに気づかされます。

 アタリマエではない日々の中で、アタリマエの有り難さを深く心に刻みたいと思います。

固定リンク | 2020年08月17日【362】

8月1日〜仏縁を深めていくお堂

 昔、中国の燕(えん)という国の昭王は、どんな酷暑の中でも涼しさを覚える「招涼の珠」という不思議な珠を持っていたそうです。私も一個欲しいと思う毎日です。

 さて、覺照寺では、お盆を前にして納骨堂の『第三偲恩堂』が落成しました。

 親しき人との今生でのお別れの後、ご遺骨をいのちの縁とする風習は、仏教を開かれたお釈迦さまの時代から続いています。

 お釈迦さまは、今より二六〇〇年ほど前にインドのクシナガラという町で、齢八〇歳でお亡くなりになりました。

 ご遺体は花やお香で飾られ、ヒラニヤヴァティという川の砂地に運び、白檀の木材を井桁型に組み、その上にご遺体は安置されました。そして、村人たちが足下から火をつけようとしましたが、一向に火がつかなかったそうです。

 それから数日が経ったとき、お釈迦様の弟子の最長老であった摩訶迦葉が、お釈迦様の死の知らせを聞いて駆けつけました。

 弟子の摩訶迦葉は、作法通りにお釈迦様の周りを三回回って、頭と顔を遺体の足につけて礼拝する「頭面礼足・ずめんらいそく」という作法をすると、不思議に火が燃えて荼毘に付すことができたと伝えられます。

 きっとこの伝説は、お葬儀というものは、僧侶や、故人の肉親や知友が関わらないと成り立たないことを表しているのでしょう。

 お釈迦様のご遺骨は、クシナガラの人々やお釈迦様の出身地のシャカ族など、お釈迦様を慕い敬うインド中の八つの部族に分けられて、それぞれにストゥーパというお墓が建てられ、それぞれの地域で多くの方々が、仏さまのみ教えを聞く心のより所となりました。

 覺照寺の『偲恩堂』は、いのちの縁とするご遺骨を安置し、今は亡き方の恩を偲ぶお堂です。そして、お釈迦さまのお墓と同様、そのことを通して、縁ある一人ひとりが仏さまのみ教えを聞き、仏縁を深めていくお堂です。

固定リンク | 2020年08月02日【361】

7月16日〜京都は他力本願の町?

 先日の豪雨では、熊本県を始め全国で災害が発生しました。被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 さて今月初旬、お仕事で久しぶりに京都の西本願寺に出張しました。もちろんマスクを着用し、衛生面に細心の注意をしながらの出張でした。

 京都駅からタクシーに乗りましたが、その中で「京都のタクシーも、このたびの新型コロナウイルスの感染拡大防止で、お仕事大変でしょう」と問いかけた私に、運転手さんから「はい、ホントに京都は他力本願の町やから、この新型コロナのお陰で商売ガタガタですわ」という答えが帰ってきました。

 ちょうどタクシーが西本願寺に到着しようとする時でしたので、「西本願寺と言えば、その教えの要は他力本願」、この運転手さんは実にウィットの効いた返答をされたな…座布団一枚、と思ったのですが、それは少し違いました。

 運転手さんは他力という言葉を観光客に例えて、京都の町は常々観光客に頼りながら成り立っている町という意味で、京都は他力本願の町と言われたようで、これは間違った使い方です。他力を他人の力に頼って事をなす意味で使うことは、本来的な意味からは間違っています。

 他力とは、阿弥陀如来が一切のいのちあるものを平等に救わんとする本願の力のことで、他力本願とは阿弥陀如来の真実の願いのことです。

 阿弥陀如来という仏さまは、その昔、法蔵菩薩の地位にある時に、いのちあるすべてのものを等しく救わんと誓われて、五劫というとてつもなく長い時をかけ修行をされて、その願いを成就されました。その願いは本願力という力となって、いつでも、どこでも、誰にでも今の今、はたらいてくださっています。それを他力本願というのです。

 タクシーを降りる直前でしたので、運転手さんとはそのようなお話はできませんでしたが、またいつか本当の他力本願の意味を知っていただくご縁があればうれしく思います。

固定リンク | 2020年07月22日【360】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [122]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事