こころの電話

最近の記事

3月1日〜人生を締めくくる最後に…

 次第に暖かくなり始め、木々が新芽を出す時期を「木の芽時」といいます。

 さて先日、関東で僧侶を務める友人と話をしましたら、首都圏では一人住まいの方や、形だけの親族がお亡くなりになった時、ご遺体は病院から葬儀社に運ばれ、しばらく保管されたあとに直接火葬場に運ばれて荼毘に付される、いわゆる「直葬」といわれる形が増えつつあると言っていました。

 火葬をされているのでお葬式の最低条件は備わっているのですが、この火葬はその人を弔う儀式としてではなく、ご遺体を処理したのにすぎません。

 このようなことが増えつつあるのには、不況や孤独、人間関係の希薄化、儀礼の省略化、少子高齢化など、現代社会が抱える様々な問題が背景にあるようです。

 ひとりの人がこの世に生を受けた時、よほど特別な事情がない限り、両親をはじめ周囲の人々はその誕生を喜んだことでありましょう。そして親はその子を一生懸命育てるでしょう。

 幼稚園やこども園に通い、小学校、中学校、高校と進みますが、その間多くの先生や友だち、地域の人々など、様々な人と関わり合いながら成長していきます。そして社会へ巣立ち、お仕事を通して多くの人と関わりを持ち、支え支えられながら生活をします。

 その多くのご縁があった人生を締めくくる最後に、誰からも弔われることない「いのち」について、考えさせられます。

 友人は、「最低限の質素な形でもいい。せめて一声二声のお念仏、お経の中でお見送りをしたいけれども、求められなければそれもできない」と語ります。

 人ひとりがこの世に生を受けて、数十年の人生を送るということは大変なことですし、そこには決して無縁ではない、多くのご縁があったはずです。そして、その人生やご縁に思いをめぐらせて、感謝の思いで葬儀や法事を務めるのは人間だけの行為です。

 そのお一人おひとりの人生の最後を大切にお勤めしたい。僧侶としてあらためてそう思いました。

固定リンク | 2019年03月03日【330】

2月16日〜その時その時の条件によって

「毎日、寒いですね」「早く暖かくなればいいですね」とは、最近のご挨拶の合い言葉。もともと合い言葉は、戦場で入り乱れて戦う時に、敵味方が判別できるように使われた言葉ですが、平和な時代の時節の挨拶だけにしたいものです。

 さて、数年前お寺の子ども会で、本堂の阿弥陀さまのお姿を描いたことがありました。

 子どもたちが各々阿弥陀さまのお姿を描くのですが、ある男の子は阿弥陀さまのお顔が怒っているように書きます。ある女の子は優しく微笑んでいるように書きます。また別の子は静かに瞑想しているように書きます。同じ阿弥陀さまのお顔なのにそれぞれに受け止め方、描き方が違います。

 それと同じことが自然の世界にもあるようです。

 お月様は、満月に見えることも、半月に見えることも、三日月に見えることもありますし、月が出た沈んだ、月が欠けた満ちたと表現も異なりますが、それは見る側の受け止め方であって、あの丸い月は昼夜変わることなく存在しています。

 鹿児島の中央にでんと構える桜島も、錦江湾を走る車から見ると、様々な姿に形が変わっていきますが、あの雄大な桜島自らが姿を変えているわけではありません。

 見る人が、その時その時の条件によって、見方や感じとり方が変わっているだけで、その大きな存在は何も変わらないのです。

 阿弥陀という仏さまも、子どもたちにとって、そして私たちにとって、計り知れない大きなはたらきをもった仏さまです。

 その姿は、時には微笑んでいるように、時には怒っているように、時には静かに瞑想しているように、様々なお姿を見せられるでしょうが、私たちを見守り救わんとはたらきかけてくださる大いなる存在として、いつでもどこでもどんな時でも、現にいらっしゃるのです。

 その智慧と慈悲のはたらきに、気づかせていただく営みをお聴聞といいます。

固定リンク | 2019年02月18日【329】

2月1日〜20歳になったとき再び…

 寒風に吹かれる度に、あたたかな春への思いがつのります。

 さて、1月の末、お寺で第一回の半成人式を行いました。

 今年十歳を迎える子どもたち二十人が保護者と一緒にお参りしてくれました。 受式者一人ひとりが阿弥陀さまに感謝の灯をお供えし、皆でお祝いのご法要を勤めましたが、その場で私は二つの詩を紹介しました。

 一つは、「みんながいたから、笑っていられたんです。みんながいたから、強くなれたんです」。

 子どもたちはこの世に生を受けて十年。嬉しい時、楽しい時は大いに笑ったり、逆に悲しい時、辛い時には泣いたり、それぞれに様々なことがあったことでしょう。

 しかしそれも、近くに一緒に喜んでくれる人がいたからこそ笑って過ごすことができました。近くに一緒に寄り添ってくれる人がいたからこそ、泣くことがあっても再び立ち上がることができました。

 子どもたちも私たち大人も、あらためて人は人は一人では生きて行くことができないことを確かめ合いました。

 もう一つは、「あなたの目の前に大きな壁があるならば、それは大きな扉かもしれない」。

 だれしも長い人生の中で、行き詰まりを感じたり、大きな困難を抱えることがあります。

 しかし、その厚くて大きな壁に一人で立ち向かう努力も必要でしょうが、その壁を一緒に押してくれる人がいたら、乗り越える方法を一緒に考えてくれる人がいたならば、それは未来に向かう大きな扉になることでしょう。

 一人ひとりが、そのような友人を持てたなら、あるいはそのような友人になれたなら、それはとてもすばらしいことです。

 阿弥陀さまにお参りを終えた子どもたちは、二十歳になった時に、また再びお寺で再会することを誓い合いました。

固定リンク | 2019年02月01日【328】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [112]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事