こころの電話

最近の記事

1月16日〜もう一度、苦境を乗り越えて…

 真冬の明け方、ぴんと張り詰めた空気に身も心も引き締まります。

 今月十五日の夕方、遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれたバドミントンで世界ランキング一位の桃田賢斗選手が日本に帰国しました。

 東京五輪で金メダル最有力候補の日本人選手なだけに、このたびの事故は、本人のショックは相当なものだと思います。

 桃田選手は、二〇一六年四月に違法賭博問題が発覚し、出場確実だったリオデジャネイロ五輪の出場資格を失い、無期限の謹慎処分を経て二〇一七年五月に実戦復帰しました。

 そして翌一八年には世界選手権で初優勝。様々な苦境からはい上ったことで有名ですが、先般テレビの番組に出演。四年前の謹慎期間についてもお話をしていました。  

 当時は、「周りの人への感謝がすごく欠けていた。選手として環境を与えてもらえるのが当たり前で、自分のことしか考えられていない心の弱さがあった」。

 また、謹慎中は自らの所属企業の業務も経験して、「NTT東日本がどういう仕事をしているのかも知らなかった。その姿勢が変わったのが一番大きい部分」と述べ、自分以外の多くの社員のお陰があって、自分が代表して試合に出られていたことに気づかされたというようなお話をしていました。

 人間は誰しも間違いを犯してしまうことがあります。しかし、その厳しく辛い境遇になって初めて大切なものに気づかされることがあります。

 悔恨と慚愧の日々の中で選手として、人間として大切なものを学び、苦境を乗り越えて再び頂点に帰りついた桃田選手の姿は、誰もが賞賛するところであります。

 どうかその経験と強い精神力でこのたびの災禍を乗り越えて、晴れの大舞台で活躍してくださることを念じつつ、静かに応援したいと思います。

固定リンク | 2020年01月16日【350】

1月1日〜末永く続く平和と繁栄のために

 明けましておめでとうございます。今年も「覚照寺・心の電話」をよろしくお願い申し上げます。

昨年は、年号が平成から令和に変わる節目の年でした。様々な事件や出来事がありましたが、国際問題では米朝、米中、日韓の対立、東日本を中心とした台風による甚大な災害など、地球の温暖化が影響していると言われる自然災害が多数発生しました。

 令和二年は、国際間の対立や環境問題が少しでもよき方向へ向かうよう、それぞれが努めねばなりません。

 仏教を開かれたお釈迦さまが、よわい八十歳になられたとき、当時のインドのある国の様子を、弟子のアーナンダに聞かれたときのお話が残ります。

 一つに、その国の人は、よく集会を開いてよき話し合いをしているか。

 これはお互い生まれ育ちや考え方の違う人々が、常に胸襟を開いてよき話し合いができているかということです。

 二つに、協力し合い、お互いに為すべき勤めを為しているか。

 三つに、国の規則を守り、礼儀正しく生活をしているか。

 これらは、皆それぞれに自国の利益を優先するのでしょうが、それだけに縛られることなく、さらに広い考え方を持ち互いに敬い協力し合って、物事に対処することを問うています。

 四つに、お年寄りを敬い、女性・子どもを大切にしているか。

 五つに、祖先を大切にし敬っているか。

 これは、皆それぞれが一人の人間として互いに大切にすべきもの。過去、現在、未来にわたって人間が尊重すべきものを教えています。

 六つに、家庭内は正しく汚れなく、たわむれはするが、欲におぼれず、つつましい生活をしているか。

 七つに,常に学ぶことを忘れず、悪から身を守り、怠けてはいないか。

 人間の生活には、楽しみもゆとりも快適さも大切ですが、それに溺れることなく、規則正しく、慎ましやかな生活を送ることを勧めています。

 お釈迦さまは、平和で、末永く続く繁栄のため、家庭に、職場に、社会にとって、実践すべき七つの教えを説かれたのです。

固定リンク | 2019年12月31日【349】

12月16日〜仏縁を結んでいただくために…

 師走の青空に浮かぶ、蝶のような形をしたちぎれ雲を蝶々雲と言います。この雲が出ると天気が崩れる可能性が高いのだそうです。

 さて、今月の十六日、覺照寺では第三番目の納骨堂の施設を建立する起工式を執り行いました。名称は「第三偲恩堂」と言います。

 「お寺に安心してお参りのできるお墓がほしい」という門徒方の要望に応えてのものですが、お寺では、お墓をお寺の敷地内に作ることが本来の目的ではありません。

 今生でお別れした人が残すものが三つあると言います。

 一つは思い出です。楽しかったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、辛かったことなど、いっしょに暮らした様々な思い出を残して人はお別れをします。

 二つ目は遺骨です。人が亡くなると火葬されて、必ずそこにはお骨が残ります。通常は遺族によってお墓か納骨堂に安置されて、後に残る人々のいのちの縁となり、お彼岸やお盆にお参りして、故人を偲び感謝の心を育んでくださるものです。

 三つ目は仏縁・仏さまのご縁です。仏教を開かれたお釈迦さまも涅槃に入る直前、今生でのお別れを案ずるお弟子方に、「仏さまの教えを拠り所として生きて行きなさい」と諭されました。

 親鸞聖人も、「自分が目を閉じたならば、遺体は加茂川の魚に与えなさい」と言われ、我が亡き後はお骨を頼りとするのではなく、お念仏の教えを拠り所とすべきことを伝えられました。

 お寺に納骨堂を建立する目的は、まさしくこの仏さまとのご縁を、お念仏のご縁を、後に残る方々へ結んでいただくためなのです。

 今年も覺照寺心の電話を聞いて下さって有り難うございました。

 来年も、一人でも多くの人へお念仏の心をお届けするために励みます。

 皆さま健康に留意され、健やかで、和やかな新年をお迎え下さい。
 新年は、元旦の朝にお話しが変わります。

固定リンク | 2019年12月16日【348】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [116]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事