こころの電話

最近の記事

6月16日〜お通夜とお葬儀はどう違う?

 いよいよ梅雨に入りました。雨は必要ですが降りすぎも困ります。

 さて先日、友人が「今日、職場の同僚のお父さんが亡くなったのだけど、今日の通夜に行こうか、明日の葬儀に行こうか、どっちにお参りしようかな」と話していました。

 どうやら、友人にとってはお通夜もお葬儀も、亡くなった人を弔う同じような式と思っているようです。

 しかしお通夜とお葬儀は本来その意味が異なります。お通夜は一言で言えば語らいの場であり、亡くなった方を、まだ生きておられる方として、家族をはじめ故人と親しき方々が最後の夜を通して、感謝の思いの中でお話をさせていただく場です。楽しかったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、辛かったことなど一つ一つ、故人の遺徳を偲びつつお話をさせていただく。ですからお通夜は元来夜伽(よとぎ)と言いました。

 お葬儀は、一般的には、亡くなった方との今生でのお別れの式です。 親しい方との別れは本当に悲しく辛いものです。特に急なお別れは言葉には表すことはできません。しかし、その親しい方の死を前にして、たった一日二日の間に、私たちは今生での別れを告げなければならない現実に迫られます。お葬儀は、一般的には、今生での別れという、きびしい心のけじめをつけねばならない式と言えます。

 しかし、浄土真宗の信仰に基づく葬儀はその一般的な意味合いだけには終わりません。お葬儀の会場の中心には必ず阿弥陀如来がいらっしゃいます。故人が往生された阿弥陀さまのお浄土は再び倶に会える世界と説かれています。さらに、亡くなった方は、阿弥陀さまのお力によって光り輝く仏さまとなって、すぐさま縁ある人々のもとへ還って来てくださると説かれています。浄土真宗のお葬儀は、故人への感謝とともに、その教えを受け止めていく場でもあるのです。

 今はほぼ一〇〇パーセント、葬儀会館で行われるようになった通夜と葬儀ですが、その意味合いだけは心にとどめて、お参りをさせていただきたいと思います。

固定リンク | 2022年06月16日【406】

6月1日〜まっすぐに伸びたい彼らから学んだこと…

 早苗田が広がる季節。苗からすくすくと成長してやがて青田となります。

 まっすぐに伸びたい。成長したいのは、植物も動物も人間も一緒かもしれません。

 先日、大阪西福寺の前ご住職・藤大慶先生から『丹波発 次の生き方としての「田舎」』(あうん社)という本をお送りいただきましたが、その中に、送り主である藤先生の活動が紹介されていました。

 藤先生は、十八年前より京都府綾部市に児童心理治療施設「るんびに学園」を開園。以来、虐待や発達障害などで苦しんでいる子どもたちのよみがえりのお世話をなさっている方です。

 本の中に、その子どもたちをお世話する心構えが紹介されていました。

 〜蠎蠅鮨じること〜誰でもまっすぐに伸びたがっている。そうなれる力を持ってる。皆かけがえのない生命を持っている〜一人も見捨てない。A蠎蠅龍貲此心情は当人以外はわからない〜だから思い込みを捨てて、わかろうとしよう。げ,靴弔韻狼馮櫃気譴襦舛靴討笋襪里任呂覆ぁ△気擦討い燭世海Αゴ岼磴辰討い燭藾把召房佞襦十分なことはできなかった〜すみませんの心を大切に。Я蠎蠅里燭瓩隼廚い覆ら、私の心の中で自己中の心が噴き上がる〜恥ずかしいという気持ちを忘れずに。当たり前のものは何もない〜何事も有り難い。目に見えない陰の恩を感じる〜お陰さまの心。すぐに効果は出ない〜願い続けることの大切さ。絶対に正しいことなどあり得ない〜探し求める。救う者が救われる〜活かす者が活かされる。

 藤先生が四十数年、苦悩する青少年にかかわってこられて、彼らから学んだことだとおっしゃいますが、相手が素直になってくれるためには、こちらから一方的に注意しても、厳しく叱っても通じない。私が変わることの大切さを教えてくださいます。

 様々な立場におられるすべての人に通じることかもしれません。

固定リンク | 2022年06月01日【405】

5月16日〜世界中に心優しい人々が…

 朝夕の寒暖差が厳しい毎日です。

 先般、『南日本新聞』の「ひろば」に、東谷山小2年のI君が、一年生の時に無人のミカン売り場で五千円を拾い、I君が困っていると、近くにいた女子中学生と、通りかかったおじさんがI君に声をかけて、そのおじさんがI君の代わりに警察に五千円を届けてくれたそうです。

 結局その落とし主は見つからず、後日、警察の方がI君に、「よく見つけて届けてくれたね」と、五千円はI君のもとに届けられ、I君はそのお金をウクライナの困った方々へ届けたという記事が掲載されていました。

 また、先日はNHKのラジオ番組で、宮城県の女性の方が、車で運転中、赤信号で止まった時に、目の前の横断歩道を足が不自由な男性がゆっくりと横断してきたそうです。その歩き方が3月末になくなった自分のお父さんと似ていたそうで、転ばないといいな、信号が青のうちに渡りきれるようにとの思いで、その姿を見ていたそうです。

 片側二車線の大きな交差点で、もう少しで渡りきれると思っていた時に信号が赤に変わり、その男性は疲れてしまったのか、あと少しのところで止まってしまったそうです。

 その女性も、隣の車も、後ろに連なる車も、車を前に進める人はなく、クラクションを鳴らす車は一台もなく、その男性が渡りきるのを見守り、渡り終えた後、車は皆ゆっくりと動き始めたそうですが、その女性はその後車を走らせながら、涙が止まらなかったということでした。

 ウクライナの悲惨な状況が毎日に届けられる中で、心が温まる小さな報道でした。

 作家の村上春樹さんは、「戦争は年寄りが始めて、若者が命を落としていく悲しむべきものだ」と述べられましたが、ウクライナにも、ロシアにも、世界の至る所に、このような心優しい小学生や女性をはじめ、多くの人々がたくさんいます。

 一刻も早く戦争が終わることを願うばかりであります。

固定リンク | 2022年05月22日【404】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [135]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事