こころの電話

最近の記事

6月16日〜後に残るものが大切にすべきは…

 梅雨の季節ではありますが、なかなか雨が降りません。

 さて先般、京都の大谷本廟の納骨・永代経法要でお話をさせていただくご縁をいただきました。

 四日間執り行われるうちの二日間、四座でご法話をおつとめしましたが、一日中雨が降り続く天候にもかかわらずいずれも満堂の参拝者で、今は亡き方を偲ぶご遺族の強い思いを感じることでした。

 以前読んだ本に、亡き方が残してくださるものが三つあると書いてありました。

 一つは思い出です。ふり返れば懐かしく尊い思い出ばかりなりとの言葉がありますが、嬉しかったこと楽しかったこと、逆に辛かったこと悲しかったこと、親しき方との思い出はそれぞれにたくさんあります。

 二つ目はご遺骨です。ご遺骨は、その方と縁ある方々がいのちのよすが・たよりとするもので、親しき方への思いを断つことが難しく、悩みや苦しみを抱えて生きる私が、ふっと心を寄せるところかもしれません。

 三つ目が仏縁、仏さまである阿弥陀仏とのご縁です。

 仏教を開かれたお釈迦さまはご自身が亡くなられるとき、それを悲しむお弟子方に、そう悲しむことではない。一人ひとり仏さまの教えを心のより所として生きていきなさいと述べられました。

 親鸞さまも、ご自身が亡くなられるときに、この親鸞の身にこだわる必要はない。後に残るものは、本願念仏の教えをより所とすることを勧められました。

 これは、亡き方との思い出も、ご遺骨も大切にすべきものではありますが、後に残るものが何よりも大切にすべきは、亡き方がそのいのちをかけて結んでくださった仏さまとのご縁、南無阿弥陀仏の教えをいただくことであります。

 仏縁をいただく。仏さまに救われるとは生き方が変わることであります。

 共々に、仏さまのみ教えを聞き、仏さまのお心をいただいて、こころ豊かな日暮らしをさせていただきましょう。

固定リンク | 2017年06月18日【287】

6月1日〜肩の力ぬけて楽になる

 新緑が輝き、爽やかな風が吹き抜けて、心地よい日々が続いています。

 さて先般、お寺のこども園に勤務する若い先生が、「私は、こども園に勤めるようになって、お寺や仏教に対するイメージが変わりました」と、話しかけてきました。

 お寺の園には、五十名ほどの職員が勤務していますが、その先生方は毎月一回、勉強会を行っており、住職や布教で来られた先生方のお話を聞く機会がよくあります。

 そして、お話を重ねて聞いていく中で、今まで自分が思っていたお寺や仏教に対する印象が変わったというのです。

 今までは、お葬式やご法事など、人が亡くなったときだけに関わるところという印象だったそうです。これは、私たちお寺を預かる僧侶が大いに反省しなければなりません。

 こども園に勤めるようになり、お寺にご縁ができて、仏さまの教えを聞い後の印象は、仏教は自分が生きるために必要な教えであり、教えを聞いていくと肩の力が抜けて、生きていくのが楽になったとのことでした。

 とても大切なことに気づいてくださったと思いますし、仏さまの教えを聞くということは素晴らしいことだと、あらためて感心させられました。

 仏教は、真の自己に目覚めることをすすめる教えです。真の自己とは、本当の私の心と体の有り様のことで、それは常に自己中心的な心にとらわれて、確かな指標も持たないことにより、迷っていることに気づくこともなく、ひたすらさまよう姿です。

 常に自分が正しいと思い込んでいるので、そんな自らを常に取り繕うために口も、心も、行動も、多くの鎧を身にまとい、いつも無理をしなければなりません。

 その先生は、肩の力が抜けて生きていくのが楽になったと言われました。きっと、自分自身の真の姿に気づかされ、それを取り繕うための鎧をすべて捨てて、正直にまっすぐ生きることができるようになったからでありましょう。

 お聴聞を重ねるとは有り難く、素晴らしいことです。

固定リンク | 2017年06月02日【286】

5月16日〜手を合わさずにはおれない

 日中は次第に暑くなってきましたが、朝夕は時折大変冷え込むことがあります。

 さて、テレビでは毎日多くのドラマが放送されており、その中で、食事の場面も多く出てきます。

 そこでは、家族がそろって合掌して「いただきます」と言って食べ始めるシーンもあれば、手を合わさずに食べ始めるシーンもあります。

 テレビドラマは、台本にしたがってプロデューサーを中心に役者が作っていきますから、そこにはプロデューサーの何らかの意志がはたらいでいるのでありましょう。

 一方で先般、養豚のお仕事をされるお宅をレポーターが取材する番組があり、その中で、養豚業のご主人が、「ここで養っている豚は生まれて六ヵ月ほどすれば、皆出荷されていくのですよ」と言われましたが、その言葉を聞いて驚きました。生まれてわずか六ヵ月で、私たちの食事のために出荷されるというのです。

 鶏は生まれて約四ヵ月。牛はと言うと、生まれてから約八ヵ月は家畜農家で育てられ、二八〇圓らいになるとセリにかけられ飼育農家に引き取られ、約一年半ほどして適度な体重になれば出荷されるそうです。牛も二年足らずでお肉となるのです。

 言い換えれば、私たち人間に食べられるためだけに生まれてきて、飼育されて、わずかな日数を過ごし、私たちの命を支えるためにお肉となるわけです。

 あらためてそのことを思うとき、手を合わす、合わさないではなく、手を合わさずにはおれないのではないでしょうか。

 飽食の時代と言われて久しくなりますが、世のなかにはたくさんの食べ物があふれて、そこにある一つ一つの命が見えにくい時代となりました。しかし、私たちのいのちを支えるために生まれてくる多くの命があることを、忘れてはなりません。

 そして、手を合わさずにはおれません。

固定リンク | 2017年05月17日【285】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [96]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事