こころの電話

最近の記事

7月16日〜水俣で学んだ三つのこと

 湿気の多い季節、片手に団扇が必要になってきました。  

 さて、先月二十八日、熊本地方裁判所で言い渡されたハンセン病家族訴訟判決について、政府は控訴をしないことを明らかにしました。

 多くの差別を受け、計り知れない苦難を強いられたご本人や家族のご苦労を思うとき、この判断が早く実効的な対策に向かうことを願います。

 このニュースを聞いて思い出したのが、既にお亡くなりになりましたが、二〇〇二年に水俣市でお会いした水俣病の語り部の杉本栄子さんからお聞きしたお話です。

 杉本さんは水俣の漁師の娘として生まれ育ち、村全体が家族ぐるみでお付き合いをし、大変おだやかな漁村だったそうです。

 杉本さんが中学生になったある日、お母さんの体が突然震えはじめ病院に運ばれますが、そこは既に神経を冒された人々が狂騒する地獄の光景だったそうです。

 当初、風土病と思われた水俣病は、多くの差別と偏見を生み、村には造言飛語が広がり、杉本さんは筆舌し難い差別の過酷な日々を送ります。

 「今になってやっと話せる」という体験談は、聞く人自らの心を問う言葉となって重く深く迫ってきたことを記憶しています。

 杉本さんは、水俣病の厳しい体験を通して学んだことは三つだとおっしゃいました。

 一つは、「物事を知らんことはいかん」こと。やむを得ないことですが、漁師に生まれ育った杉本さんは海と魚のことしか知りませんでした。社会のことは前向きに学ばねばいけないということです。

 二つには「知ったかぶりをすることはいかん」こと。三つには「嘘を言うことはいかん」こと。知ったかぶりのいい加減で曖昧な知識をひけらかしたり、町中に広がった造言や嘘は、当時病で苦しむ人だけでなく、水俣の町中を混乱に陥れ、多くの人々を苦しめ辛い思いをさせたそうです。

 この三つは、日々私たちの生活の有り様を問うものでもあります。

固定リンク | 2019年07月16日【338】

7月1日〜ハンドルとブレーキ

 日々、慌ただしく過ごしていましたら、六月十六日のテレホン法話の変更をすっかり失念していました。申し訳ありません。

 さて昨今、高齢者の運転による痛ましい事故が立て続けに起こりました。

 道路を一直線に走り、ブレーキをかけることもなく人をはねて建物に突っ込む様子がテレビで報道されましたが、死傷された方々へのお見舞いの思いとともに、大変心が痛みました。

 誰も、あのような事故を起こすと思って運転する高齢者はいないでしょう。

 いざという時にとっさの運転操作ができなくなるのか、あるいは意識を失ったりするのか、いずれにせよ、高齢になると自分では意識しないうちに、瞬間的に間違わずにブレーキをかけ、ハンドル操作できなくなる状態になるのでありましょう。

 自動車同様、人間の心にもハンドルとブレーキが必要で、宗教はそのはたらきをするものでありましょう。自動車と同じように、私たちの人生もそれぞれ前に進まねばなりません。止まっているだけならエンジンもタイヤも、動くためのエネルギーも必要ありません。

 正しい目的地に迷うことなく、ルールを守って、安全にたどり着くためにハンドルがあり、ブレーキがあり、それを適切に操作するドライバーが必要なのです。

 私たちの人生はどうでしょうか。誤った方向へハンドルを切っている人はいないでしょうか。ブレーキをかけて止まる必要があるのに、一直線にアクセルを踏み込んでいる人はいないでしょうか。

 他人事でなく、自分のこととして、その生き方を教えに聞いていく、問い尋ねていくことが、宗教では大切なことであります。

 そして、その対象には年齢は関係ありません。幼い子どもや血気盛んな若者、そしてお年寄りまで、すべての人が講習者となるべきものです。

固定リンク | 2019年07月01日【337】

6月1日〜なるべく早いうちに…

 梅雨に入りました。もうしばらくすると田んぼが青くいきいきとした表情を見せてくれることでしょう。

 さて、先日ご法事に行ったお宅で、親戚の男性が過去帳を指さして、「この戒名は何と読むのですか」と質問をされました。

 その問いに対し私は、「これは戒名ではなく法名ですよ」と添えた上で、読み方を説明すると、男性は「私はこれまで、戒名も法名も同じと思っていました」と述べられました。

 戒名も法名も仏弟子がいただく名前としては同じなのですが、違いがあります。

 戒名とは、仏教において指導者である戒師から戒律を授けられ、仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられる名前のことです。

 戒律とは、仏道修行を行う上で守るべき事柄を定めた規律のことで、浄土真宗の信者にはその戒律はありませんから、法名と言います。

 法名の「法」とは、仏さまの教えのことで、法名とは仏さまと、その教えと、その教えを信仰する尊き人々に帰依し、仏法を人生のよりどころとして生きる仏教徒がいただく名前です。

 戒名も法名も、仏教徒としての自覚をもって生きる証としての名前でありますから、基本的には生前にいただくことが大切です。

 浄土真宗本願寺派の場合、京都の本山本願寺に参り、帰敬式(御髪剃、おこぞり)を受け、ご門主様よりいただきます。

 人間がそれぞれの人生を歩んで行くには様々なことがあります。楽しいこと嬉しいことばかりであれば良いのですが、悲しいこと辛いこともすくなくはありません。 また思いがけなく壁が立ちはだかったり、深い谷に落ちることさえあります。

 仏さまの教えは、その人生にどのようなことがあっても、正しい道を示し私たちを支えてくださるもので、法名はそのためにいただくのです。

 なるべく早くいただいて仏法を人生の拠り所としましょう。

固定リンク | 2019年06月05日【336】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [112]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事