こころの電話

最近の記事

9月16日〜自分の大切なこととして…

 大きな台風が九州に向かっています。災害が起きないことを切に願います。

 さて昨日、ご門徒のFさんがお寺に来られました。Fさんは、近々お嬢さんをお嫁さんとして見送らねばならないお母さんです。

 いろいろとお話をする中で、「先日、『覺照寺だより』に書いてあった『念仏行者の詩に学ぶ』というお話を、娘と繰り返し繰り返し読ませていただいて、大切なことだとつくづく思いました」と、話されました。

 そのお話とは、長野県より一人の若い女性が広島県の紡績工場に勤めるために集団就職列車で出向き、広島の町でお寺に参るご縁を得て、お寺参りを重ねるうちにお見合いの話をいただき、やがて結婚することになりました。

 そして、お嫁さんとなったその若い女性が、嫁ぎ先の姑さんから頂いた詩が「念仏行者のたしなみ」という詩です。

 お念仏をいただくものはまず慎みが第一です。心の底に煩悩を抱えた人間は、縁がもよおせばどのようなことを考え、どのようなことを言うかわからない恐ろしい存在。悲しい傷つけ合いや争いはまず口から始まります。自らの愚痴、不平、不満、暴言、失言が他人を傷つけ苦しませ、果てはそれは自分に返ってきます。

 南無阿弥陀仏のお念仏をお称えする念仏者の口であるからこそ、その点を十分に注意して日暮らしをしましょう。

 おおよそこのような内容が詠ってあるのですが、息子さんにお嫁さんを迎えた姑でもあり、この度娘をお嫁さんとして送り出すお母さんであるFさんは、「家に来たお嫁さんとも仲良く生活したい。お嫁に行く娘も先方のご家族と仲良く生活してほしい。そのご縁を大切にするための指針となるお話ですね」とおっしゃいました。

 仏さまの教えは、他人事として聞いてはいつまでもわが心に届きはしません。

 自分の人生のこと、自分のいのちに関わる大切なこととして、聞いたときにそのはたらきが心に届きます。そのことをFさんは教えてくださいました。

固定リンク | 2017年09月16日【293】

9月1日〜宗教は違えども感謝の心を…

 朝夕は少しずつ涼しくなり、次第に秋めいて参ります。

 秋は野菜や果物、お魚がたくさん捕れる実りの季節ということから、食欲の秋とも言われますが、お寺のこども園や幼稚園には、「食事の言葉」があります。

 「多くのいのちとみなさまのおかげにより、このごちそうをめぐまれました。深くご恩を喜び、ありがたくいただきます」。また食事の最後には、「尊いおめぐみをおいしくいただき、ますます御恩報謝につとめます。おかげでごちそうさまでした」。

 子どもたちや先生方は毎日、お食事を頂くときには合掌し、多くのいのちと、食事ができるまでにご苦労いただいた多くの方々へ感謝をしつつ、この言葉をお唱えしてから頂きます。

 ただ頭で思うだけでなく、感謝の気持ちを合掌という姿で表し、実際に口でお唱えするという習慣はとても大切なことです。

 数年前、お寺の仏教婦人会会員の娘さんが、短期間のホームステイでアメリカに行かれました。

 アメリカの一家庭に日本人三名ずつでお世話になったのですが、行ったその日に、そのお宅の家族全員で歓迎会をしてくださいました。

 テーブルに皆が座り、いよいよ食事をというときに、そのお宅のお母さんが神さまへの感謝の言葉を述べられたそうです。

 当然英語ですので何を言われているのかわかりませんでしたが、その仏教婦人会会員のお嬢さんは、わが家でも毎日「食事の言葉」を言っていましたので、宗教こそ違えども感謝の心には変わりないと、一緒に合掌して感謝したそうです。

 あとの二人のお嬢さんは、ご家庭でそういう習慣がなかったのでしょう。その神聖な場の意味がわからず、思わず吹き出してしまい、後からそのお宅のお母さんから注意を受けたそうです。

 宗教は違えども、今日私が頂くいのちに感謝し、そのために働いてくださった多くの方々のご苦労に真摯に感謝することは、一人の人間として忘れてはならないことでありましょう。

固定リンク | 2017年09月01日【292】

8月16日〜人を弔うということは…

 今年もお盆の行事が終わりました。

 お寺には、初盆をお迎えになったご家族が、堂内に入りきれないほどお参りになり、ご法要を勤めました。また、自宅での初盆法要にも出向きました。

 いずれのご家庭も、今生でお別れをした方をあらためて偲び、お念仏を申しつつお参りをされました。そして、久しぶりに遠方からお帰りになった家族・親戚が集って和やかなひとときを過ごされたことでありましょう。

 元来、人間にとって、親しき方を弔うことは悲しいこと、淋しいこと、辛いことではありますが、一方で、その親しき方の死という一大事を通して、縁あるものが集い、そこに集う一人ひとりがいのちの結びつきを確認し、自分自身の人生やいのちを深く見つめる機会となれば、それは大変意義あることと言えます。

 ご門徒のTさんは、今年二月にお父さまを亡くされて七月に四十九日、そしてこの度初盆でした。

 お話を伺うと、自宅のお仏壇で「お正信偈」のお勤めを始められたそうです。「一生懸命お勤めするのですが、なかなかじょうずにできません。『お前、そんなことじゃ、ダメじゃないか』と、父から言われているような気がするんですよ」と、おっしゃっていました。

 先日は、もっと練習したいからと、お寺に模範のCDを求めに来られました。

 きっと、お父さまとのお別れがなかったら、また生前仏事を大切にされたお父さまの姿を見ていなかったら、このような行為に至らなかったことでありましょう。

 人を弔うという行為が単に儀礼儀式のみに終わるのではなく、亡き方を弔うことを通して、あらためて亡き方と向かい合い、その別れというものが自分の人生にどのような意味があるのか。そして人の死という悲しみを通して、自分自身のいのちを深く見つめ、仏さまのまことの教えに出会う機縁となるならば、人を弔うことはとても素晴らしいことと言えましょう。

固定リンク | 2017年08月16日【291】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [98]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事