こころの電話

最近の記事

9月16日〜人間の現実のむなしさ悟る

 この季節に力なく漂っている蚊のことを後れ蚊、あるいは哀れ蚊といいます。

 さて、先日仏事の席でAさんとお話しする機会がありました。

 「住職さんとお話をするのは初めてですね」と言われながら、ご自身の近況を話してくださいました。

 Aさんには、30代のご子息がおられ、結婚もして子供さんもいらっしゃるとのことでした。

 当初、働き盛りのご子息夫婦の姿、そしてお孫さんにも恵まれ、ほのぼのとした幸せそうな家庭を連想しながら、そのお話を聞いていましたが、その後、「実はその30代の息子がとても重い病気を患ってしまったのです」とおっしゃいました。その病気はともすると死をも覚悟しなければならない病気です。

 「孫たちのことを思うと、父親の存在がいかに大きいかをしみじみと思います。私はもう何にもいりません。ただ少しでも長く息子と一緒にいたい。少しでも息子がそばにいてくれたらそれでいい」。Aさんは今の心持ちを素直にそうおっしゃいました。

 私はそのお言葉聞いて、少しでもご子息の病状が好転すればと切に思うとともに、お経の一節を思い出しました。

 「私たち人間は、田があれば田に悩み、家があれば家に悩む。金銭、財産、衣食、家財道具など、あればあるにつけて憂いは尽きない。また、田がなければ田をほしいと悩み、家がなければ家をほしいと悩む。なければないにつけて、それらがほしいと悩む」。

 私たちの毎日は、あれがほしいこれがほしい。あれを揃えなければ、これを求めなければの連続で、それが人間の日々の有り様であるが、たとえそれらがそろっても、何も頼りにはならないし、ほんのつかの間のこと、すぐに消え失せてしまうものです。

 Aさんのお言葉は、その人間の現実のむなしさを覚られたお言葉として聞かせていただくことでありました。

固定リンク | 2018年09月15日【319】

9月1日〜核ではなく「心の抑止力」を

 夏休みが終わり、いよいよ二学期が始まりました。お寺では今年もサマーキャンプを行い、たくさんの子どもたちが楽しい時間を過ごすとともに、お寺に残る戦争の傷跡を見学し、平和の尊さについて学びを深めました。

 さて、今月は秋の彼岸法要が勤まりますが、お彼岸は、普段仕事や家事で慌ただしい日々を送る私たちが、阿弥陀如来のお浄土の世界に心を寄せ、その教えを聞いて、日々の生活のあり方を省みる仏教行事です。

 そのお浄土の世界は、争いがないということが大きな特徴です。

 お経の中に、お浄土に咲く蓮の花は、「青色の花は青色の光を放ち、黄色の花は黄色の光を放ち、赤色の花は赤色の光を放ち、白色の花は白色の光を放っている」とありますが、これはそれぞれにいのちの花を精いっぱい咲かせ、対立したり争うことがない様子を示しています。

 この姿に私たち人間の世界が学ぶとき、生活も、考え方も、価値観も異なるもの同士が、互いに相手の意見や主張をよく聞いて、争うことなく、どうにか歩み合いをすると受け止めることができます。

 また、このお浄土に住む方々は、相手を殺めたり傷つけるような武器は一切持たないとも説かれています。

 お浄土の世界は、煩悩が滅された真実の悟りの世界であり、人間の迷いや恨み憎しみを越えた世界ですから争いもなく、それ故に武器など必要のないのでしょうが、この姿に私たち人間が学ぶならば、平和への道をたゆまず歩みつづけると受け止めることができます。

 核や武器の保持を進める国では、戦争を起こさないための抑止力という言葉が使われます。抑止力とはブレーキのことですが、仏さまの教えに生きるものは、究極の暴力である核や武器に頼るのではなく、常に自らの心に対する強い抑止力を持つよう努めているということです。

 心の抑止力を持ちましょう。常に平和への道を歩み続けましょう。お浄土からお呼び声が聞こえてくるお彼岸がやってきます。

固定リンク | 2018年09月01日【318】

8月16日〜施しの大切さ学んで…

 暑い暑いお盆の最終日、とても喜ばしいニュースが飛び込んできました。

 山口県のお母さんの実家に帰省し十二日の午後から行方がわからなくなっていた二歳の藤本理稀ちゃんが、山中で十五日の早朝無事に発見されました。

 イノシシもマムシもよくでるという山中でなんと三夜を過ごしましたが、脱水症状はありますが、目立った外傷もなく、奇跡とも言うべき報道に、心からうれしく安堵の思いでした。

 発見した方にも驚かされました。捜索のボランティアに来ていた尾畠春夫さん・七十八歳で、捜索ボランティアの経験と直感が今回の奇跡の発見につながったと言われます。

 翌日のテレビで尾畠さんがインタビューを受けていましたが、ボランティアを始めたのは、「別府市で長年魚屋を営み、皆さんに支えられて子育てもできたので、六十五歳を機に、今度はこれまで支えてくださったことを社会にお返ししよう」と思ったことがきっかけだと話されました。

 理稀ちゃんを発見できたのは、「以前、大分県の山中で行方不明になった二歳の女児の捜査のお手伝いをさせていただいた経験が生きた」と話され、まこと自然に、「お手伝いをさせていただいた」と言われた言葉遣いに感動を覚えました。

 また、自らの強い信念を持ってボランティアに取り組んでおられるからでしょう。「日本という所は資源はないけれど、知恵がたくさんある」と言われ、これから定年を迎える方々に対し、「夢を持ち続けること。そして計画を立てて実践することが大切」と、偉ぶることなく、竹を割ったようなさっぱりとした姿が印象的でした。

 お盆は、仏説盂蘭盆経に説かれる目連尊者とその母の故事を通して、自らの我欲を慎み、施しの大切さを勧める行事です。

 そのお盆に、嬉しいニュースと共に、わが行いに計らいを見ない尾畠さんの姿勢とその言葉に、施しの大切さと学ばせていただきました。すばらしい施しをいただきました。

固定リンク | 2018年08月19日【317】

1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [106]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事