最近の記事

さらに活発な活動を…仏教壮年会総会

 7月7日(金)は、仏教壮年会の総会で、雷雨の中、約30名の会員が参集くださいました。
 手嶋野副会長の調声による「重誓偈」の勤行があり、続いて野田副会長の発声による「仏教壮年会連盟綱領」がありました。続いて津曲会長の挨拶。住職のご法話と続きました。
 住職は「来年のNHK大河ドラマは『西郷どん』で、大政奉還・明治政府発足より150年目の年でもあるが、同時に鹿児島には明治2年に明治政府及び薩摩藩によって1612ヵ寺の寺院すべてが廃寺となり、2966名の僧侶が還俗させられ、この鹿児島に1人の僧侶も、一ヵ寺の寺院も無くなったという歴史を持つ。その歴史と原因について学びを深めましょう」と、鹿児島における廃仏毀釈の歴史について話しました。
 その後、選出された漆間会員を議長に、平成28年度の行事報告・決算、監査報告、平成29年度の行事予定・予算(案)と続き、議案はすべて承認されました。
 その後はお楽しみの懇親会です。新しい会員も2名増えて、さらに活発な活動にしようと、熱心で賑やかな親睦会となりました。

固定リンク | 2017年07月08日【337】

会員増強に向けて…仏婦役員会

 5月8日(月)は、仏教婦人会の第1回役員会で15名の役員方が参集くださいました。
 平成29年度年次総会に向けての協議でしたが、皆さんからは活発な意見がでました。
 今現在の課題は、会員の高齢化による会員減少で、次世代の女性会員をどのようにして増員するのか話し合われました。
 総会は6月1日(木)です。仏婦の皆さん、どうぞご出席ください。

 

固定リンク | 2017年05月11日【336】

源信さまの地獄のお話を通して…。

 4月21日(金)は、常例法座で、約30名のご門徒がご参集くださいました。

 ご講師は、福岡県傳照寺の轟 慈照先生で、源信僧都の1,000回忌をご縁に、僧都の説かれた地獄のお話を通して、人間の計り知れない煩悩とそれを救わんと常にはたらいてくださるみ親の徳を丁寧にお取り次ぎいただきました。

 次は5月21日(日)、ちょうど親鸞聖人のお誕生日が常例法座となります。どうぞご参詣ください。

固定リンク | 2017年04月21日【335】

[1]    «    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7    »    [113]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事