こころの電話

最近の記事

2005年8月15日

15日は終戦記念日、6日は広島、9日は長崎原爆の日でもありました。60回目の節目の日、非戦・平和の思いを新たにすることです。

さて、今年も初盆を迎えたご門徒宅へお参りに行きましたが、Sさんのお宅で、小学生のお孫さんから、「おじいちゃんは亡くなってどこに行ったの。おじいちゃんのいる所はどんなところ」と質問を受けました。

そこで、私はこのように答えました。

おじいちゃんの往った世界は、「極楽浄土」というところですよ。ここは、皆がお互いのことを思い合って、仲よく幸せに過ごす世界です。それに対して、皆が自分のことばかり考えて、争いばかりしている世界が「地獄」という世界だよ。

例えば、「地獄湯」と「極楽湯」という温泉がありました。両方とも同じ広さで満員状態。地獄湯では、「お前の肘が当たった」「石けんの泡が飛んできた」「お湯がかかった」とケンカばかり。ところが、極楽湯のほうは、だれもケンカをしていません。なぜでしょうか。

それは、極楽湯では、皆がお互いに他人の背中を洗うからケンカにならないのです。AさんはBさんの背中を流し、BさんはCさんの背中を流し、皆が互いに背中を流し合い、結局自分の背中を流しているのです。

地獄湯では、満員の狭い中で、タオルを持った両手をいっぱいに広げて、自分で自分の背中を洗おうとするからケンカになるんです。自分のことばかり考えているから衝突が起きるのです。

「おじいちゃんは、極楽湯のような、皆がとても仲のいい、幸せな世界にいらっしゃるんだよ」と、私は話しましたが、きっと生前、おじいちゃんに大変かわいがってもらったのでしょう。お孫さんは、それを安心したような顔で聞いてくれました。

しかし、私はお話をしながら、今、私たちが住むこの世界は、地獄湯のようだなと思いました。皆が他人のこと、周囲のことを考えずに、自分のことばかり考えています。自分のことは棚に上げて人を責め立てたり、争いが大変多い世の中です。

先の世のことではありません。自分の住んでいる世界が極楽湯になるように、極楽湯のような世界を子や孫に譲れるように、一人ひとりが努めたいものです。

固定リンク | 2005年08月15日【11】

2005年8月1日

昨年から取りかかっておりました本堂大修復も、皆さまのおかげにより、見違えるほど立派な本堂が完成しました。今年の初盆法要は、きっと沢山の方々がお参りなさることでしょう。

さて、お盆は、正式には盂蘭盆(ウラボン)といい、悩み苦しみ多き人間が、仏さまのみ教えによって救われることを意味します。

今から約2,500年前のこと、お釈迦様のお弟子の目連さまが、修行で体得した先の世を見通す力で、今は亡きお母さんの姿を探しました。お母さんは仏さまの世界ではなく、あろう事か苦しみの世界・餓鬼の世界に墜ちていました。

餓鬼の世界とは飢えと乾きの世界で、生前の欲深い貪りの罪で墜ちる世界です。飢えに苦しむ我が母を見て、目連さまは水や食べ物を持って行きますが、すべて口元で火となり、母親を助けることが出来ません。

目連さまはお釈迦様のもとへ走り助けを求めました。するとお釈迦様は、「目連よ、そなたの母は我が子一番、我が子大事と、そなたを一生懸命育てるがあまりに、周りにたくさんの罪を犯して餓鬼の世界に墜ちたのだ。我が子を育てるのに多くの罪を作らざるを得ないのが、母親の逃れ得ぬ性である。目連よ、今そなたがあるのは、苦しみの世界に墜ちてまでも、我が子を育てようとした母のおかげではないか、その恩を忘れてはなぬ」。そして、我欲にかられた人生を送るのではなく、周りの人へ施しをする尊き人生を送るよう諭されました。つまりお盆には、「我欲の心を戒め、施しの心を大切にしなさい」という仏さまの教えがこめられているのです。

目連さまは、そのお釈迦様の教えをいただいて、お母さんも仏さまの世界に救われていったと言われます。

「お盆には、ご先祖が帰ってくる」といわれますが、ご先祖は霊魂のようなものではありません。光り輝く仏さまとなって帰ってこられることを心してください。しかも手ぶらではありません。後に残されたものの人生が尊いものとなるように、すばらしい仏さまのみ教えとともに帰ってきてくださるのです。

その仏さまとなられたご先祖に感謝し、仏さまのみ教えをお聞きするのがお盆の大切な意義なのです。

固定リンク | 2005年08月01日【12】

2005年7月15日

七月も半ば、「暑いですね」が、毎日のあいさつ言葉です。

さて、今月七日、イギリスでまた同時爆破テロが起きてしまいました。たくさんの方々が亡くなり、負傷され、不特定多数の人々をねらうテロという行為に恐怖を感じると同時に、憤りを感ぜずにはおれません。

犯人が特定されつつありますが、いずれにせよ、なにがしかの強い怨み、怒りを持もって行ったには違いありません。

先日、西本願寺の大谷光真ご門主がお書きになった「明日には紅顔ありて」の中に、このようなエピソードが紹介されていました。

第二次世界大戦が終結し、敗戦国となった日本に対し、各国から賠償請求がなされたとき、当時、戦勝国イギリスの統治下にあったセイロン・現在のスリランカは、損害賠償を放棄したそうです。その時のセイロンの外務大臣・ジャアワルデネ氏は、サンフランシスコ講和条約締結の席上で、このお釈迦さまの言葉を引いて賠償請求を放棄する演説をしました。

「もろもろの怨みは怨み返すことによっては、決して鎮まらない。もろもろの怨みは怨み返さないことによって鎮まる。これは永遠の真理である」

大谷ご門主は、「戦後の日本の発展は、こうした仏教徒の心によって支えられてきたということに、今一度思いをはせてみるべき」とおっしゃっています。

世界では、様々な紛争が勃発し、幼い子ども、女性、ご老人、たくさんの方々いのちを失っています。日常、人のいのちを奪うなら犯罪とされるところが、戦場では人を殺すことが英雄という、人間の不条理な現実を直視すべきです。

「すべてのものは暴力におびえる。すべての生き物にとっていのちは愛おしい。おのが身にひき比べて、殺してはならぬ。殺させてはならぬ」ともお釈迦さまは述べられました。

皆それぞれ、自分のいのちほど大切なものはないのですから、自分の身にひき比べて、ほかのいのちを大切にしようということが、重要なことです。

テロや戦争を遠い国のこととせず、自らの問題として問い直してみましょう。

固定リンク | 2005年07月15日【13】

[1]    «    89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95    »    [95]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事