こころの電話

最近の記事

11月15日〜60億の数字の裏には…

 毎日、朝夕の気温の冷え込みに、いよいよ本格的な冬到来を感じます。風邪をひかないように注意したいものです。

 さて、西武ライオンズの松坂大輔選手が、アメリカの大リーグに挑戦することになり、その交渉権を名門レッドソックスが得ました。その交渉権を得るための入札金額は、なんと日本人選手としては過去最高の約60億円という高額で、松坂選手自身も、「自分の思った額のはるか上をいってビックリ。評価をしていただいてうれしい」と心境を述べていました。

 60億円とは、私たち庶民には見当も付かないお金ですが、現在日本を代表する好投手を、アメリカの大リーグがいかに求めているかが現れています。

 ただ、ここで一つ考えたいのが、その60億円という数字が単に松坂選手一人の実力につけられた価値かどうかということです。確かに名実共にすばらしい選手ですし、そこには幼い頃から野球に打ち込んできた本人の努力もありましょう。

 しかし、松坂選手より以前に大リーグに挑んだ選手には、野茂選手や田口選手、松井選手やイチロー選手たちがいます。彼らは大リーグにおいて、日本人として輝かしい実績を残しています。

 つまり、日本を代表する野球選手は、必ずすばらしい実績を残すとともに、スポーツマンとして問題を起こすような選手は一人もいないという信頼・信用を、彼ら先輩選手が身をもって示しているのです。

 松坂選手に示された高額な評価は、彼の実力はもちろんですが、それに合わせて、日本の先輩選手たちが努力と結果の末に得た信頼・信用というものが、それを陰で支えていると見るべきでしょう。

 私たちにも同様のことが言えます。日常で周囲の人から認められたり、褒めて頂いたりしたときに、少し立ち止まって、自分自身の周りに目を向けることも大切なことでしょう。きっと、自分一人の力だけではなかったことに気付かされるはずです。そして、そこにこそ「お陰さまで」と、感謝の日暮らしが恵まれます。 

固定リンク | 2006年11月16日【36】

11月1日〜自分一人のこととして聞くべし

 毎日、雨の降らない天気が続きます。畑の野菜が水不足にならないか心配です。

 さて、十月末、ご門徒のHさんのお宅にご法事で参りました。奥さまの一周忌です。Hさんは、昔からとても信仰のあつい方ですが、奥さまを亡くされて大変落ち込んでおられました。しかし、娘さん方の力添えがあって、最近ようやく元気になられました。

 いつものようにお勤めをしてご法話をしました。この日は、「本願を信じ念仏を申せば迷いの世界に堕ちることなく、必ずお浄土に往生し仏さまとなる」教えについて、迷いの世界を紹介しながら話しました。

 地獄とは、意に添わないことがあったとき、自らのことは棚に上げて人に責任をなすりつける亡者と、人の欠点や失敗を激しく責め立てる鬼が互いに争う世界。餓鬼とは、欲にかられ自分に取り込むことばかり考え、周りの人に恵むことを忘れた者が堕ちる世界。畜生とは、お陰さまの心を忘れ、自分の言動や行動を省みることなく恥を忘れた者が堕ちる世界など、私なりにわかりやすくお話をしました。

 会食の時間になり、私もしばらくいっしょに食事をいただきましたが、その時、お参りに来られていた大崎町で司法書士をされているという男性が、私のところに挨拶に来てくださいました。

 その方は私に対して、「実は、私の家は神道ですが、今日のお話は私のことと聞きました。地獄、餓鬼、畜生とは、この私のことでした。有り難うございました」と、お礼をおっしゃってくださいました。私は大変恐縮したのですが、逆にこの男性からとても大切なことを学びました。

 仏法の聞き方について、私たちの先輩方は、「この度のご縁は、我ひとりのためと聞くべし」と、お勧めくださいました。つまり、人ごとでなく自分一人のこととして仏法は聞きなさい、ということです。

 いくらすばらしい教えでも、人ごととして聞いているうちは決して理解はできません。いくら尊い教えでも、自分の生活や人生と照らし合わせて聞かなければ絵空事になってしまいます。

 「地獄、餓鬼、畜生とは、この私のことでした」という男性のお言葉に、「我ひとりのためと聞く」という聞法の姿勢を、あらためて教えられました。

固定リンク | 2006年10月31日【35】

10月15日〜 答えは明快で簡単なのに…

 「天高く馬肥ゆる秋」です。青く澄み渡った大空が広がり、天が高く見えます。お米や梨、柿など果物がたくさん穫れます。食欲の秋ですので、おいしければ食も進み、馬に限らず人間も肥えてしまいます。

 よくお寺に来られるAさんもそうです。若坊守と話をよくされますが、「最近太り気味で困るのよ。痩せようと努力するんだけど、しょっちゅうお菓子を下さるから…」、「痩せるお茶を買ったんだけど、値段が高い割になかなか効かなくて…」、「毎日毎日忙しくて身体を動かす時間がないのよ」など、ダイエットに努力されていますが、効果がなかなか出ないようです。

 私の友人のNさんは、禁煙に幾度となく挑戦しますが、これもなかなか難しいようです。「たばこを止めるとイライラして仕事が手につかない」とか、「たばこを止めると太ってくるからまずいな」とか、「車を運転しているときは、息抜きにたばこが必要だ」とか、いつもこのようなことを言っています。

 落語家の露の新治さんは、落語でこう言われます。「ダイエットのこつを教えます。それは食べんことです」。何と明快な答えでしょうか。食べずに身体を動かせば痩せるのに、私たちは「お菓子を貰っちゃったから」とか、「忙しくて時間がないから」と、言い訳をします。

 露のさんは、「禁煙のこつを教えます。それは吸わんことです」とおっしゃいます。これも明快です。吸えば喫煙、吸わなきゃ禁煙、これだけのことです。なのに私たちは、イライラして仕事が出来ない、たばこを吸わなきゃ太るなどと、言い訳をします。

 ダイエットは食べないこと、禁煙は吸わないこと。答えはとても明快で簡単なのに、あれこれ言い訳をして真剣になれない自分をごまかしたり、つまらない持論を称えているのが私たちの姿かもしれません。

 親鸞聖人も、「本願を信じ念仏申さば仏となる」と、往生成仏の道を実に明快におっしゃいました。阿弥陀如来の本願を信じて、聴聞を重ね、南無阿弥陀仏のお念仏を申すだけで、いかなる人も往生し仏とならせていただく。煩悩をかかえた私たちが往生し、仏となる道はこれより外にないと、親鸞さまは、わが身を通して明快に諭されたのです。

固定リンク | 2006年10月15日【34】

[1]    «    108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114    »    [122]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事