このコーナーでは、住職が仏教月刊誌『MIDOSAN』の取材や布教、またプライベートで訪れた全国の様々な風景や記事等をご紹介いたします。全国に点在するお寺のまわりには、とてもすばらしい風景があります。

最近の記事

正龍寺様の報恩講法要にご縁を…。

11月13日(金)〜14日(土)、指宿市山川町の正龍寺様に報恩講法要の講師として参りました。三座お勤めをさせていただきましたが、熱心にお聴聞下さるご門徒方に支えられた二日間。ご門徒方の姿勢に、日頃のご住職方のご教化が偲ばれました。写真は、布教の合間に散歩したりして撮影しました。さすが鹿児島でも南方、11月なのに日差しが厳しく感じました。

固定リンク | 2009年11月17日【35】

東山高台寺、秋の特別展拝観

 11月3日(文化の日)、宗会がお休みでしたので、京都東山にある高台寺の秋の特別展に行きました。高台寺は、正式には高台寿聖禅寺といって、豊臣秀吉没後、その菩提を弔うために秀吉夫人の北政所(ねね)が1606年に開創したお寺です。
 徳川家康は、当時の政治的配慮から多大の財政的支援を行ったので、寺観は壮麗を極めたと言われますが、1789年以降、たびたびの火災に遭って堂宇を失い、現在残っているのは旧持仏堂の開山堂と霊堂、傘亭、時雨亭等で、現在国の重要文化財に指定されています。
 紅葉まっ盛りとまでは言えませんが、秋の京都、美しい風景を堪能しました。

固定リンク | 2009年11月06日【34】

御真影・御動座法要に参拝しました。

 4月1日、工期10年という200年ぶりの大修復を終えた京都・西本願寺「御影堂」に、工事の間、御真影(親鸞聖人のお像)」の仮の安置場所となっていた隣の「阿弥陀堂(総御堂)」から、御真影が移されました。午前10時より御動座勤行が勤められ、雅楽演奏のなか、御興で丁重に移され、午後2時30分より御動座法要が勤められました。
 この日京都は、風雨が強い大荒れの天気となりましたが、全国からたくさんの僧侶、ご門徒方が参拝されました。新しく完成した御影堂には入れきれず、境内では大きな映像機器での中継も行われていました。
 大変有り難いご縁に遇うことができました。いよいよ宗門は、平成23年に厳修予定の「親鸞聖人750回大遠忌法要」へ向けて準備が急ピッチで進められることでしょう。

固定リンク | 2009年04月04日【33】

[1]    «    22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28    »    [36]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事