最近の記事

とての有意義な3日間…報恩講法要勤まる。

 報恩講法要を一口で言えば、「浄土真宗の開祖・親鸞聖人のご法事」です。今年で745回忌になります。私たちが、お念仏のみ教えを説き開いてくださった聖人のご恩に報い、南無阿弥陀仏のいわれを聞き開いていくことがこの法要の大切な意義です。
 12月9日は、サタデーキッズクラブの子ども報恩講でした。約40名の子どもたちが本堂に集まって、みんなでいっしょに報恩講のお勤めをして、副住職の法話を聴聞し、仏の子どもとしての誓いを新たにしました。
 11日〜13日は、近隣の正心寺、恒覚寺、専徳寺、大蔵寺のご住職方にご出勤いただいてのご法要。また、ご講師に福岡県・西郷寺住職で本願寺布教使の田中了彩先生にお越し頂き、親鸞聖人が説き示してくださった阿弥陀如来さまの他力の教えについて、平易な言葉でわかりやすく、また力強くお取次いただきました。
 お天気は下り坂だったのですが、おいしいお斎を頂いて、いっしょにお勤めをして、阿弥陀如来さまのご法話をともにお聴聞して、とても有意義な3日間となりました。

固定リンク | 2006年12月14日【23】

西本願寺・全国門徒総追悼法要に参拝しました。

 11月21〜22日は、さわやかな秋の京都となりました。21日は親鸞聖人が得度をされた青蓮院拝観、大谷本廟参拝、そしてこの度は、聖人が火葬をされたお荼毘所に参りました。22日はお朝事、法要参拝、そして本願寺の書院等を拝観しました。またこの度、覚照寺のご門徒10名が帰敬式を受式され、新たに正式な仏弟子となられました。

固定リンク | 2006年11月25日【22】

先人念仏者のご苦労を偲びつつ…仏婦研修旅行

 10月18〜19日にかけて、仏教婦人会の一泊研修旅行がありました。例年はバス一台40名ほどの参加があるのですが、今年は東隅組仏婦大会や刈り入れ時期と重なり14名の参加でした。熊本県水俣市の薩摩念仏禁制に深く関わりのある西念寺様、源光寺様に参拝させていただき、厳しい弾圧の中、身命をかけて念仏の教えを守りぬいてくださった先人念仏者のお話をお聞きしました。また、徳富蘇峰・蘆花兄弟の生家も訪ね、お二人の生涯と功績も学びました。
 宿泊は、日奈久の老舗「金波楼」。築約100年、欅と桜でできた館は古い中にもいぶし銀のような輝きを放っていました。
 次の日は、水俣病認定50年にちなんで水俣病資料館に参り、公害、差別、偏見について、学習しました。

固定リンク | 2006年10月21日【21】

[1]    «    61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67    »    [71]

- 管理用 -

最近の記事

月別記事