年回表

ご法事は、亡くなった方の命日に勤めるものです。

亡くなってから1年目の法要は1周忌、2年目は3回忌、6年目が7回忌、12年目は13回忌となっていきます。日ごろ忘れかけている生命のつながりの深さを想い、仏縁に遇うというのが法事を勤める本来の意味です。また地域や他宗派によっては23回忌や27回忌、37回忌をお勤めすることもあります。


平成28年度 年回表(PDF380KB)

仏教月刊誌[MIDOSAN]より転載